excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一日一生

大晦日です。昨年は何をしていたのか、ほとんど思い出せないくらいばたばたしていたように記憶しています。みなさんはこの年の瀬、いかがお過ごしですか?

先日テレビで病を患っていらっしゃる方のドキュメンタリーを見ました。何とも表現しづらいのですが、胸が押しつぶされるような苦しい気持ちになりました。



その中で二言、とても印象深い言葉がありました。




「一日一生」
・・・今日一日を一生だととらえ、生きていく。


「明日があることが幸せ」
・・・今幸せに思うことってなんですか?という小学生の問いにその方が答えた回答。明日を迎えられることがどれだけ大きなことか、テレビを通じてひしひしと伝わる場面でした。




当然、同じ立場ではありませんので、軽々しく「その気持ち理解できます。」なんて言えません。(もし今回の書き込みがやや軽率なようでしたらご容赦ください・・・。)

でも、目の前にある今日一日を懸命に生き抜くこと、そして明日があることに感謝する気持ちって、どんな立場にあっても、そう思えて毎日頑張れたら、その時こそ、自分の力が大きく発揮できている時なんじゃないかなって、そう思うんです(なおかつ自然に)。




少し表現が飛びますが、今年の僕の場合、“危機感”ということが日々の頑張りを少しばかり助長してくれていた気がします。


ドイツから帰国し、仕事もお金もないタイミングで出会ったここでの仕事。自分が少し置いていかれている感覚と言いますか、ここでしっかり仕事し、成長しておかないと自分がどんどん小さくなっていってしまう、そんな危機感に日々見舞われていたと思います。


そしてそんな危機感から、毎日懸命に生きることと、明日があり、朝になって無事に仕事に出かけられることに感謝することが、自然と習慣化された気がするんです。




ふと、それを忘れかけた時は何となく仕事に集中できなかったり、事がうまく運べなかったりしていたように思うんですね。そしてそれを持ち続け、さまざまな物事にとらわれることなく仕事ができていたときほど、集中し、自分の持てる力を発揮できていた気がします。





テレビの中で語られたその患者さんの表情と言葉は、弱き自分にはとてもマッチした言葉に感じられました。


「一日一生」と「明日があることの幸せ」。


来年も何とか、感謝の気持ちをわすれずに、日々精進していければと思います。




みなさん、よいお年を!!
[PR]
by ynikki | 2008-12-31 15:35

あれから1年・・・

昨日で留学から帰国しちょうど1年が経ちました。昨日は改めていろんな事を振り返り、考える事が出来ました。


色々な人の助けのおかげでなんとか1年10ヶ月過ごす事が出来た留学生活。ちょっとは自分が変わることができた、強くなれたなんて思っていたのが正直なところです。


さらには今年1年間、Jリーグという世界に身を置かせてもらい、さらに自分が大きな経験を積めた・・・と・・・。



でも実際は留学し、そして帰国からの今年一年での経験はとてつもなく大きかったものの、それとともに「大きく成長したかな?だいぶ大きくなれたかな」って心のどこかで感じていたのはちょっと過信だったかも・・・ってそう昨日振り返っていました。まだまだ自分の小ささ、未熟さを感じなきゃいけない場面がたくさん思い出されたもんで・・・(苦笑)。



改めて大切な感覚をもう一度確認し、持ち直したいと思っています。それは今ある自分が様々な人&出来事の“おかげ”であることと、それに感謝する気持ち。そして今与えてもらっている状況、環境を真摯に受け止め、日々懸命に生きることだと自分では思います。



昨日12月21日は僕の気を再度引き締めてくれました。自分がどのように考え、行動を起こして行くべきか、これからもそれを思い出させてくれる日となりそうです。



ふか〜く深呼吸し、自分の身の程を再度自覚せにゃあきまへんわ(^^)。
[PR]
by ynikki | 2008-12-22 16:10

世界は広くて遠い

昨日のクラブワールドカップ。みなさんご覧になったでしょうか・・・?

(サッカーの)世界は果てしなく広くて遠い・・・、そんな気がしました。

1年間Jリーグを見させてもらい、感銘を受けさせてもらったチームのひとつである西のチーム。うまいし、いいなあ・・・なんて思いながら見てましたけど、ヨーロッパから来た“赤い悪魔”は違う次元にいるかのような感じでしたね。プレー一つ一つもそうですが、何となく感じる雰囲気というか、空気が。




結局、あそこに追いつき追い越すことなんて無理なんですけど(極論・・・ね)、でもだからと言って悲観しているわけではなく、遠くてでっかい目標ですけど、そこに少しでも近付きたい!日本らしさで何かを打ち出したい!ってそうモチベートしていければと思うんですね。大事なのは、何かをしたい!って思うことと、その何かをしようとすることだと思いますから・・・。




90分という制限された時間の中で、日本人が日本人としてできることは?また、それを最大限発揮するにはどうしたらよいか・・・?そんなことを一生かけて突き詰めていければいいなあ、なんて個人的に思ったりしています。




視野が広がりました。チャレンジ精神を忘れずにいたいものです。
[PR]
by ynikki | 2008-12-19 11:02

survive

生き残りをかけた戦いは壮絶でした。一昨日磐田はJ1残留を決めましたが、そのシーンを目にしている自分は決して人事ではありませんでしたよ。


c0055009_1359018.jpg




僕自身は水曜日に仙台に行き生で入れ替え戦を観戦。仙台サポーターにすっぽり覆われているかのような雰囲気のスタジアム。本当に少しの差でこの場に居合わせなかったわけですから、そのスタジアムで自然と自分は気分を委縮させ、我が事のように緊張感いっぱいでした。



勝負の世界は厳しいけれど、全力を尽くすこと、ハードワークすることなんてあたりまえであって、その上で己を知り、何ができるのか、何をすべきなのかをどれだけ考えられるか・・・。改めて身が引き締まる思いでした。




がんばらにゃあきません。



日々学習、日々向上ですね。
[PR]
by ynikki | 2008-12-15 14:11

何も言えねぇ・・・

というわけではありませんが、最終戦の結果が出た後は本当に全身の力が抜けました。応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。携帯等にもたくさんの友人からメールをいただきまして、嬉しい限りです。


1年間いろいろありました。その中で僕個人的には少しでも役に立ちたい一心で、一日一日ベストを尽くしてきたつもりです。そして最終的にひとけた順位という目標は果たされなかったものの、12位というクラブの過去最高位タイに終れた事も良かったのではないかと思っています。


ちなみに最終戦の日、僕は仙台にいました。最悪の結果を想定し、準備だけは怠らないようにしていた為です。

そして帰りの新幹線・・・。奇跡的に残留を遂げたあのクラブの、同じ分析担当の後輩と新幹線の中で携帯片手に大騒ぎ(笑)。彼は過去にも辛い思いをしてきたので、今回の結果には人一倍感無量だったようです。そりゃ当然やわ(ToT)。



今は心身ともにクールダウン中という感じです。いまだに何かに追われている感覚が抜けないわ・・・(>_<)。




カレッジの5年目も無事に終了したようですね。お疲れ様でした。僕が担当していた頃が本当に遠い昔のようです。




さてこれから先、またどのような未来が待っているのか・・・。そんなフレーズが浮かぶとふと心にドイツ滞在時の気持ちに戻った感じがします。
いずれにしても前進あるのみ。僕には特別な事はできず、ベストを尽くす事だけですから。我が計らいにあらず・・・ですね。




さてと、部屋でも片付けますか(笑)。
[PR]
by ynikki | 2008-12-08 19:27