「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2007年ありがとう。

「2007年ありがとう!」って感じです。

今年もいろんなことがありました。いろんな出会いがありました。

どれだけの人にどんな風に感謝するべきか、じっくり考えているところです。



大それたことは出来ません。

そのかわり来年も変わらず、自分らしく懸命に生きていければと思います。



皆さんにとって2008年も素敵な一年となりますように・・・。
[PR]
by ynikki | 2007-12-31 22:46

感謝の気持ち

帰国して以来、何かとバタバタしておりました。住民登録などの事務手続きを済まし、滋賀で指導者講習会に参加したり・・・。ようやく1週間経ち、のんびり過ごす時間が持てている気がします(笑)。


改めてドイツでの生活を振り返ると、振り返れば振り返るほど「どれだけの人にどれだけ感謝すべきなのか」を考えさせられます。

特にある方からのメールをきっかけに、自分はきちんと感謝の気持ちを持てているのか、そんなことを考えさせられました。



自分の中では感謝しているつもりでも、それは他の人から見るとそう感じない場合も多々あるわけですね。つまり、自分が周りの方々や出来事に「感謝できている」とどこかで思い過ごしていたのではないか、ということです。

でも自分としては「感謝の気持ち」を持ち続けたいと思います。それがたとえ上手く表現できなかったり、不十分であったとしても、「持ち続けたい」という意識を大切にしていこうと、改めて思っています。


そんな時、常に自分に目を向けることの難しさを感じます。


さまざまな出来事が自分に油断を与え、甘えを生じさせ、緊張感を必要以上に緩ませてしまいます。そしていつの間にか、自分の成長具合に目を向けているつもりが、違ったところに目がいてしまう・・・。感謝の気持ちを上手にもてていない自分に気づかなかったり、学習しようとする意識がいつの間にか欠けてしまっていたり・・・。そんなことになってしまうんですね。



まずはそんなことを改めて考えさせてくれる方に出会えたこと、そのことに大きく感謝しなければなりません。そこから再び始めてみようと思います。


これからも日々すべてに感謝し、学習する気持ちを持ち続けられますように・・・。


さあ、明日も頑張りましょう!
[PR]
by ynikki | 2007-12-29 23:00

zu Hause

先ほど実家に帰ってまいりました。ほんま、無事で何より・・・(笑)。

何だか「ほんの数日だけドイツ旅行をしてきて帰ってきた」、そんな感覚です。たった1年10ヶ月でしたが、僕にとってはとても長く、実の詰まった時間だったのにも関わらず・・・。ドイツでの素敵な時間がまるで夢の中であったかのように・・・。





いずれにしても、今は次に訪れるだろう“瞬間”のためにじっくり充電しようと思います。


先のことは誰にもわかりませんから、そのいつ訪れるかわからない“瞬間”のために、準備だけはおこたらないよう気をつけようと思います。



さて、日本でもこれまでと変わらず、じっくりゆっくり頑張りますかな・・・。



今後とも宜しくお願いします。
[PR]
by ynikki | 2007-12-20 23:47

Danke für Alles!!!!!!

たった今、食事から帰ってきました。というのは、(前回載せた)Manfredが突然今日電話をかけてきて、食事に誘ってくれたからです。僕の家の近所の、ビールで有名なお店で飲みながら、Eisbeinを食してきました(^^)。

すると、同じカテゴリーで働いていた同僚2名も合流!特にこの2人とはタイミングが上手く合わず、きちんと“さよなら”を言えてなかったんですね。彼らも同じことを思っていてくれていたらしく、忙しい中来てくれたのでした。おかげでほんと、素敵過ぎる時間を過ごすことが出来ましたよ。


またこの前の週末には所属させてもらっているHobbyチームの忘年会の中、僕の送別会も兼ねて催していただき、本当に楽しいひと時を過ごさせてもらいました。(みなさんありがとうございました!)









なんでこんなちっちゃな自分にみんな、優しくしてくれるんでしょうか・・・??(感涙)



もう本当に言葉にならない思いが心の中に広がります。





いよいよ明後日、ドイツを発ちます。





来る前と来た当初を思い浮かべると、当時は今ある状況について想像もできませんでした。そんな中、たくさんの人の思いやりに助けられ、ココまでどうにかやってこれました。



ほんま、どれだけの人に「ありがとう」を言っていいかわかりません。



人というのはどうしても現状に満足しがちで、慣れが生じてしまいます。僕もいつもそうなってしまいます。

しかしながら、これから先、叶うならば、この地での感謝の気持ちを持ち続けながら生きていきたいと、心から願うばかりです・・・。



自分らしく、毎日一生懸命生きてきました。僕がこれまで行なってきたことは何も特別なことではなく、誰もがいつも普通にしていることに過ぎません。にもかかわらず、本当にたくさんの人に良くしてもらいました。


ほんま、「こんな自分でもいいのかな・・・。」って、そう思います。そのことは今回の欧州滞在で学んだ最大の事の一つです。



先日も書きましたが、この先どんなことが待ち受けているのか当然わかりません。でも僕としてはこれまでと変わらずベストを尽くして“生きたい”と思います。こんな自分に対しても信頼を持ってくれて、理解してくれる人が世界中にいることがわかったんですから・・・。良いバランスを保ちながら、自分に誇りを持って生きたいと思います。




明日は今住んでいる家の退去日になっています。




次にブログを更新するのは日本からになるでしょうか・・・。無事にそうなってくれることを祈ります。




改めて言います。




僕と出会ってくれたすべての人、すべての出来事に心から感謝します。




僕はこれからも引き続き、じっくりゆっくり頑張ります。



本当にみなさん、ありがとうございました!!決して1人の力ではなしえない、最高に素敵な1年10ヶ月をヨーロッパの地で過ごすことが出来ました。


Danke für Alles!!!!!

[PR]
by ynikki | 2007-12-18 06:11

the last day in ISD

僕がコーチとして所属させてもらっていたISD(International School of Düsseldorf)。今日は僕の帰国前最後の日でした。


「これからの人生、どんだけ経験していかなくちゃいけないのか・・・?」


“別れ”についてそんなことを思ったりしちゃいます・・・。

さすがに、一番お世話になったManfred(グラウンドキーパー)との別れには感極まってしまいました。ほんま、別れはしんどいね・・・。誰か何とかしてくれ・・・(笑)。

彼から受けた親切心や思いやり、それは僕にとって絶大なる支えの一つでした。


一生懸命やってたら、ええことあります。ほんま、そう思わせてくれた出会いの一つが彼ですわ。


Super Danke, Manny!! Wir sehen uns!!


c0055009_713211.jpg

c0055009_7132967.jpg

[PR]
by ynikki | 2007-12-14 07:14

帰国への“足音”

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

本帰国に近づくにつれ、お食事にお誘いいただいたり、メールをいただいたり、本当に嬉しく思っています。ありがとうございます。

そんな“帰国への足音”を聞きながら、最後の最後までFootballを堪能しようと、タイトなスケジュールを組みながら帰国準備にヒーヒー言っております・・・(笑)。


なかなか時間の速い流れについていけず、そして様々に出会う出来事を上手にご報告できなくてすみません。ですが、何とか元気にやってます。


いろいろ後日、まとめてこの場に載せられたらと思いますが・・・、どうなることやら。でもベストを尽くしますね。


日本も寒いのかな・・・?みなさんもお身体にはくれぐれも気をつけてください。それではまた!



↓↓写真は、ケルンの街中で1人不安そうに待ちぼうけする元カレッジ生Sくん(笑)。T先生と共に、僕にとっては日本からの最後の訪問者となってくれました。ありがとうございました!
c0055009_16594197.jpg

[PR]
by ynikki | 2007-12-12 17:01

転んでもタダでは起きない

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?ずいぶん更新に日が開いてしまい申し訳ありません。毎度、時間の流れるスピードに圧巻です・・・。


そういえば・・・というくらい前の事になってしまったAlkmaar紀行。その続編を(笑)。

最終日であった土曜日にいくつかのカテゴリーの試合を観戦し帰宅しようと思っていたんです。しかしグラウンドについてみると全く試合の気配なし・・・。

近くにいたお父さんらしき人に尋ねると・・・、


「すべてキャンセルみたいだよ、今日のホームゲームは・・・。」


嵐の影響でAZをホームで行われる試合はキャンセル・・・。U19など、TRを見た後でしたので試合をとても楽しみにしていたのに・・・(苦笑)。

でもそんな僕にそのお父さんはアムステルダムに行けば?と提案してくれたんです。そこならいくつか試合をしてるだろう・・・と。

このまま家に帰るのもなんだかもったいない!と思っていましたので、即決でアムステルダム行き決定!


c0055009_18185979.jpg

アムステルダムの中央駅。何度か訪れていますが、ふと「オーシャンズ12」に登場するアムステルダムの駅の場面を思い出したりしていました(笑)。


c0055009_18191029.jpg

Ajax到着!!


c0055009_18192186.jpg

観れた試合は一つでしたが、U19の「Ajax vs ユトレヒト」。屈指のタレントと呼ばれる選手達を目の前で観れたのはとても有意義でした。


c0055009_18193255.jpg

とても印象に残っているのが、この観客とその多さ。試合はAjaxが勝ったんですが、ゴール一つにも最終的な勝利にも一喜一憂しないんです、この人たち・・・。僕の勝手なイメージでは、なんだか“品定め”しているみたいな雰囲気・・・。何十年ものあいだ、何十人何百人もの選手を観てきた人たちなんだろうなって、そんなことを思いました。厳しい空気・・・。



そんなわけで、Alkmaarでの最終日・・・、のはずが、@アムステルダムになったのでした。

その時にふと思った言葉が、


「転んでもタダでは起きない。」


別に今回の僕は“転んだ”と言えるほど大げさな事ではありませんでしたが、今後、絶対平坦な道を歩み続けられることなんて不可能ですし、小さくとも大きくとも、いろんなことにつまずきながらも、そこから何らかの成長のきっかけを得て“起き上がって”いけたらなぁ・・・、と思います。


「転んでもタダでは起きない」、そんな精神を持ちたいと願っております。


引き続きじっくりゆっくり頑張ります。





※さて最後に、おかげさまで今月、約1年10ヶ月の欧州滞在を終え、日本に本帰国することにいたしました。今後のことは(いつも言うように・・・笑)、何が起こるかわかりませんので、再びこの地を踏む事は万に一つもないとは言い切れませんが、まずは当初の予定通り、このタイミングで帰ることにしようと思います。

今後僕が、どこにどういう立場でいようとも、末永くお付き合いいただければ幸いです。今後とも宜しくお願いいたします。
[PR]
by ynikki | 2007-12-02 19:35