excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

落ち着きどころ

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?
最近ちょっと思うことを少し。でも感覚的なことなので上手く伝わるかどうか心配なんですがね・・・。



自分の中で「落ち着きどころ」について考えることがよくあります。

最近、いろいろなことが起きたり悩む事があっても、必ずといっていいほど戻れる感覚がある気がするんです。「ま、結局こうしよう。」みたいな。

性格的にいろいろ考えるんですが、最終的にいつも「自分らしく、一生懸命やってみよう」って、そこに落ち着くんですね。面白いくらいに。

加えて、以前尊敬するある方に言われたことがあります。

「ようやくお前の中で、軸が定まったのではないか・・・。」と。


その言葉は自分の志に向けて言っていただいたことだと思いますが、自分の中ではそれだけでなく、「自分なりの“軸”」っていうのを意識するようになって、他人にどう思われようが「自分はこういう人間だから」って割り切って行動しようとしている意識が強くなった気がするんです。どんなに「ああかな、こうかな」って他の人のアドバイスをもとに揺れ動いても、最終的には自分に正直に行動してみようって覚悟が、少しですが出来るようになった・・・。


それが良いことなのか悪いことなのか、結果的にはわかりませんが、それでも人とは違う、比較し得ない、自分なりの「落ち着きどころ」が少しずつ見えてきている気がしているんです。


ただ、それも今後、様々なプレッシャーのもとに置かれた時には、そんな風に落ち着いた状態を継続できるとはとても思えないですけどね(苦笑)。それでも現時点で日常生活のうえで、以前とは違う落ち着いた感覚が身に付きつつあるのは、自分としてはポジティブに捉えているんです・・・。Step by stepってやつです。


なかなか難しいことやと思います。自分の良い部分だけでなく、悪い部分も受け入れて割り切る事が出来るのは。それが僕自身できているとは必ずしも言えませんが、それでも以前に比べたらちょっとした変化があるのかなって、過去を振り返ってみて思うところがあるんですね。


「落ち着きどころ」=「自分らしさ」って感じなんですけど、それが自分の中に徐々に見えてきて、そしてそれを割り切って行動しようっていう、そんな意識を持とうとしている自分に最近気づきました。


わかりにくいと思います、すみません(笑)。
でもちょっと書いてみたくなりました。


それも含めて、「こんな自分でもいいのかな」って・・・(笑)。そういう風に思おうとする最近の自分です。こんな自分ですみません・・・(笑)。失礼しました!
[PR]
by ynikki | 2007-07-30 04:53

言葉の持つイメージと本質

たった今速報を見ました・・・。日本、韓国ともに準決勝敗退・・・(悔涙)。3位決定戦で対戦することになるとは・・・、残念でなりません。

ただ、僕自身、“世間”の中の1人として、これを通過点の一つと捉えて見るべきだと思っています。先日観たビデオでの驚愕は忘れられません。こんなところで挫けている場合ではないんです!日本&韓国それぞれはもちろん、アジアのサッカーの未来がかかっていると言っても過言ではないくらい・・・、この2カ国の監督さんの下での発展はとても重要であると思います。(だからこそ勝利もものにして欲しかったんですが・・・涙。)

まだまだこれからなんですからね。頑張って欲しいと思います。3位決定戦も楽しみにしたいですね。




さて、こうして日本から離れて生活していますと、ネット上もしくはその他にて、「活字」からしか日本の情報はゲットしにくい状況です。

特に今の日本代表については、決まって「走る」って書いてあるのを目にします。これは何かの標語なのか・・・、と思うくらい・・・(笑)。

ですので実際に試合を目にするまでは「どんだけ走るねん・・・?」って思ってたんです。(厳密に言うと「どのように」走るのか、に興味がありました。)


ところがどっこい!です。


そりゃ90分犬のように走り回っているわけはありませんよね(笑)。ただ走りゃあいいってもんじゃないですから・・・。それまで言葉から受け取っていた勝手なイメージと、実際のゲームとがあまりにも違っていたがために、“驚愕”したんだと思います。


以前教えていただいた事をもとにゲームを観察すると、「走る」というよりも、個々のもつポジションを、随時「移動」させている風に見えます。しかも、適切なタイミングで適切な場所へ・・・。また、適切な距離を適切な速度で・・・。ですからもちろん、時には全力疾走だってあります。

さらには、「走る」どころか、「止まる」や「動かない」という「走らない」動作も見られました。これって簡単そうに見えて結構難しいことだと思います。(実際そういう風に教えてもらいました。)



ちょっと話が逸れてしまいましたが、たった一語「走る」と表現してしまえば、多くの人に理解されやすく、伝わりやすくなることは事実です。でも逆に、よくよく考えると、多くの人が理解していると思われる簡単な「走る」という単語への理解の仕方は、実は十人十色だったりするわけです。だれでもわかる一語ほど、多くの意味が包含されている・・・。そして受け取り方も人によってバラバラになる・・・。

Footballというスポーツは当然、「走る」という動作が多く見られますが、「走るサッカー」って一語で語れるほど単純じゃないなって、改めて思いました。これまで目にしてきた日本代表に関する「活字」と今回観た「実際のゲーム」を比較すると・・・特にね。


言葉の持つイメージとその深さは、とても恐ろしい・・・。そんな言葉の重みをしっかりと認識し、使わなければいけないですよね・・・、もちろんこのブログでも・・・(>_<)


まだまだ未熟な僕は、試合を観て、その本質を確実に見抜くには至りませんが、それでも今の日本代表の90分の中には、いろんな本質をもつたくさんのが存在している気がします。それを一つ一つ観ていくと、なんだかワクワクしてきます。いわゆる謎解きみたいな感じですね(笑)。言葉から持つイメージ以上の本質が、ピッチ上にはたくさん含まれていると思います。


引き続き応援しましょう。観れば観るほど面白くなるはずです。(僕だけだったらごめんなさい・・・笑。)日本韓国代表!!頑張れ!!



追伸:もうちょっと純粋にFootballが表現しやすくなる環境でやらせてあげてよ!って思うのはいけないことでしょうか・・・?外的要因が及ぼす影響が強すぎ・・・じゃない・・・??(笑)
[PR]
by ynikki | 2007-07-26 01:41

爆笑と驚愕

つい最近、ビデオを観る機会に恵まれました。

一つは、語学学校時代の友人がわざわざ日本から送ってくれたものです。数本送ってくれたものは全て、上手い具合に僕の心を捕えてくれています(笑)。特に・・・、


「探偵!○イト・スクープ!」


大爆笑です!ありがとう!!(笑涙)
この番組大好きなんですよ!関東では観れへんかった気がするけど・・・。それでもとにかく大ファン!

それに久しぶりに「○イ・チュウ」も食しました。子どもの時に食べた際に歯の銀色の詰め物が取れて以来、食べてなかった気がします(笑)。懐かしい・・・。

どれも楽しませてもらっています。ホンマにありがとうございます!



そして先日来訪した妹に持参してもらったのが、日本代表の試合です。実は名将が就任してからきちんと試合を観たことがありませんでしたので、おそらく初観戦。


細かいことはともかく、とにかく驚きました。


名将の下で、日本で一番上手い人たちがプレーするとこうなるのか!って・・・。
良い悪いは別にして、昨年W杯で観た日本代表とは全く違う気がします。(すみません、ずっと観てこられた皆さんにとっては、“今更な”話題なんですけどね・・・。)


代表の強化期間が短いにもかかわらず、こんな戦い方が日本人11人でできる・・・。さすが名将さん。ワクワクしましたわ。これからどのようにチームが発展していくのか、ホンマに楽しみです。


これを観つづけたら、ひょっとして、これからの日本の子どもたちへのアプローチの仕方も変わっていくかもしれませんね。


アジアカップも引き続き頑張ってほしいと思います。今度はぜひ、生で観てみたい~!!
[PR]
by ynikki | 2007-07-20 21:07

ケガとのお付き合い

みなさんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?

つい先日までうちの妹が滞在していました。仕事が夏休みということでそれを利用し、1人でコチラまでやってきたのです。
こうやって久しぶりに会うと、自分にも妹がおったんやなぁ・・・、なんて改めて思います(笑)。なぜかというと、昔からそうなんですが、どうも自分に妹がいるという意識がものすごく低い気がするんです。一人っ子な感覚がいつもある(笑)。

そんな感じですのでそれほど仲が悪くもなかった気がしますが、特別良くもなく(笑)。でもやはりお互い大人になってからの方がきちんと話ができるようになったように思います。両親はどう感じているかわかりませんが・・・(笑)。ちなみにそんな妹はうっかり僕のデジカメをかばんに入れ日本に帰国させてしまい、今、大変困っております・・・(苦笑)。返してください(笑)。



さて、最近同じようにふと思い出した感覚があるんです。



先日、いつもお世話になっている日本人Hobbyチームで試合に出場させてもらいました。30分を3本、合計90分。幸せなことにフル出場しました。でも終了後、太ももに痛みが残っていることに気づきまして、数日たった今もケアをしている状況です(苦笑)。

「ケガとは縁が切れへんなぁ・・・」なんて思いながらアイシングしていましたが、よく考えれば昔から何回もケガしつつも、治療し、回復し、リハビリし・・・、なんだかんだとサッカーをプレーしている自分がいます。

大学4年生のときに足首を脱臼骨折し、手術。病院で痛いことばっかりされて、弱い僕は正直、「プレーはもうええかな・・・」って思っちゃいました。でもあれから7年以上たった今、あの時の感情と比較すれば「まだやってるん?」って思ったりするくらい元気にプレーさせてもらっています(笑)。




それは何気ないことですが、ケガに苦しんだ時期の感覚を思い出すと、今プレーを楽しめていることに、「それって、幸せなことやんな・・・。」ってやはり思うんですね。




大学時代のトレーナーにはほんまお世話になりっぱなしでした。一年通じてケガがなかったシーズンはなかったと思いますから(笑)。(今にして思えばそんなケガは僕自身の身体のケアにも問題があったわけですけど・・・。)

でもそんな彼らのおかげで、また苦い経験を経て、今なおプレーし、そしてこれまで以上に楽しんでやらせてもらっているんです。それはありがたいことですし、幸せやなってほんま感じています。

昔、90分なんて時間、試合に出続けたことはほとんどありません。それなのに今はこうやってのびのびプレーさせてもらっています。改めて感じる幸せな感覚と、ボールを蹴りたくなる衝動に駆られつつ(笑)、ふと昔のケガ人時代を振り返ったりしている今日この頃です。



Hobbyチームには僕よりはるかに年上の先輩方もいらっしゃいます。以前ご紹介した、今は日本にいらっしゃる元総監督も、たびたび見舞われたケガを毎回克服し、今なおプレーを続けていらっしゃいます。僕もケガとうまく付き合いながらも、いつまでもサッカーを楽しめたらいいなと、先輩方の“背中”を見ていつもそう思っています。


今いる僕の環境には、ほんまいつも感謝感謝です。(^^)v
[PR]
by ynikki | 2007-07-19 16:56

幸せのお裾分け

みなさんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?すっかり時があいてしまいましたが急遽1週間ほど、いつもお邪魔しているドイツ人のご家庭にお世話になっていました。

夏らしくないとても涼しいお天気で、ちょっぴり残念だね、なんて話をしていたのですが、それでも僕としてはこれまで同様、心身ともにエネルギーをいただいてまいりました。


おぼえていらっしゃいますかね、ここの次男が家を自分で建てている話。
「幸せのカタチ」06年10月5日


前回お手伝いした際はまだ家を建てるポイントに穴があっただけでした。そして今回再びお手伝いする機会に恵まれたのですが、なんと家がすでにかたちになってました(笑)。↓↓↓
c0055009_3525116.jpg





昨年から今年にかけての冬は暖冬で、雪がほとんど降らなかったために作業が予定よりも早く進んだそうです。もちろんまだまだやるべきことは多いものの、完成は今年の秋の予定だそうで、とても嬉しそうに話をしてくれました。

まあ、かわいい奥さんと息子2人がいますからね、そら頑張れますよ!
c0055009_3551721.jpg

次男Leonは初めてあったのが昨年夏。もうすぐ一歳です!(^^)


またまた“幸せのお手伝い”をし、そして“幸せのお裾分け”をいただきました。



僕はいつも、こんな何の力も入っていないかのように見える、とてもNaturalな空気を持つご家族に心身ともに癒されます。今回も感謝感謝の連続でした。こんなさりげない優しさ、温かさをもてる人間になりたいと、ほんま、いつも思います。


幸せな出会いをしてます、ほんと。ありがとうございます。


感謝の気持ちを忘れず、引き続きじっくりゆっくり頑張ろうと思います。
それではまた!
[PR]
by ynikki | 2007-07-16 04:05

存在

ここ最近、数人のカレッジ修了生と連絡を取り合う機会に恵まれました。みんな大学を卒業し、それぞれの場所で奮闘しているようです。


文明の利器のおかげだと思いますが、その助けを借りつつ、あれから数年たった今でも連絡を取り合い、近況が知れるというのは本当に幸せな事だし、ある意味、奇跡的なことと言えるかもしません。


それぞれに悩みや不安を抱えつつ、皆それを解消しようと努力するんですよね。もちろん僕も。でもそれが知らぬうちに自分を前進させ、成長させたりしてくれるのかなと思います。


その過程でお互いで支えあったり刺激しあったり、そんな存在で今後もい続けられたらなお一層幸せだなあと思います。


あの時出会った学生達がそれぞれのペースで歩みを進めていることに、とても嬉しくなりました。僕も僕なりに、自分のペースとスタンスで引き続き頑張ろうと思います。そしてそう思わせてくれる存在があることに本当に感謝しています。

距離はそれぞれ離れていても人としての温かみや思いやりを感じられる、そのことにほんまありがたい気持ちでいっぱいですね。

お互いぼちぼちがんばりましょう!時には立ち止まり、時には駆け足で!
(^^)v
[PR]
by ynikki | 2007-07-04 07:24

密かに応援しています。

みなさんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?日本はすっかり夏日と聞きましたが、こちらはたまに降るにわか雨や雷雨があるものの、気温的には過ごしやすい毎日が続いています。僕はオランダから帰ってからというものの、のんびりさせてもらっています・・・(苦笑)。ここで鋭気を養い、またこつこつと毎日を懸命に生きていければと思います。


さて、何気によくブログ内で取り上げさせていただいています野球選手シリーズ(笑)。今回の一人目は39歳にして大リーグの舞台に上がった桑田真澄投手について。実は僕、密かに彼を応援しております。小さい頃から阪神ファンなのでアンチ巨人ですが(笑)、桑田選手の巨人時代にも、僕は彼の野球にとことんこだわる姿勢にこっそり応援する気持ちがありました。また高校時代によくお邪魔した親友の部屋に、桑田投手のサインが飾ってあったこともひとつのきっかけです。

今回渡米後も、順調に見えた矢先に足首を怪我され、それでもなおマイペースに回復に力を注ぎ、そして今、マウンドに立っていらっしゃいます。

これまでも長い野球人生の中で様々なご苦労があったでしょうし、我慢する事も多かっただろうと思います。僕自身、桑田選手がメジャーリーグにデビューしたという結果もさることながら、20年以上もマウンドに立ち続けているその歴史と過程に強く惹かれる思いがします。




そしてもちろん、二人目は大家友和投手。我が京都時代の親友F氏の名誉後輩、そして僕と同じ誕生日(勝手に親近感・・・笑)。現在マイナーリーグに登録されているそうですが、近いうちにメジャーに再登場してくれることを心から応援しております。

そんな大家投手はオフィシャルサイト内でおっしゃっていましたが、

「一生懸命に投げながら楽しみたいと思います。」
大家友和オフィシャルサイトより


一生懸命にやりながら、そしてそれを楽しく感じたい・・・。僕はほんまそう思いながら今も生活しています。オランダでの16日間もそうでした。
一生懸命やることの中で、自然と身体の中で「楽しさ」が訪れ、溢れてくる感覚・・・。その感覚を大切にしたいなと常々感じます。


また、桑田投手はこうおっしゃっています。

「本当にすごいことはできないけど、小さいことを、心を込めてやっていきたい」
『In the future~桑田にかける千載一遇のチャンス』MAJOR.JP コラムより



何気ない生活の中の一場面。また、僕の立場で言えばFootballのピッチ上におけるほんの小さな瞬間。そこに心を込めて力を注いでいくことが出来たならば、きっと充実した時間となるだろうと、そんな風に感じます。

まだまだヌルイ自分ですが、こつこつと少しずつ自分を高めていけたらなぁと思います。引き続き頑張ります。


お2人の今後益々のご活躍を心より応援しております。
c0055009_23183.jpg
c0055009_2312726.jpg

[PR]
by ynikki | 2007-07-01 23:06