「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Under the Scottish Weather ②

何だか時の流れをとても早く感じます。グラスゴー記を書こうと進めつつ、もうあれから2週間経ってしまいました。ごめんなさい。その間にCL決勝も終わり、ミランの勝利でしたね。リバプールファンのあのおじさんも落胆している事でしょう・・・。でも観るべきポイントがたくさんあった、興味深い試合だったような気がします。まあそれはビデオを再度見直すとして・・・(笑)、「ああ、また一シーズンが終ろうとしてるんやな・・・」って感慨深い気持ちで今はいてますわ。

さて、New Lanarkを離れ、2日目にグラスゴーへ戻りました。今回の滞在の最大の目的、それは「UEFA CUP Final」を観戦すること。だめもとで申し込んだのですが、何と購入成功!一度は友人に譲ったのですがその彼のキャンセルにより結局僕が足を運ぶ事になったんです。これも運命ですね(笑)。

初日とはうって変わってこれこそまさに「Scottish Weather」という空模様・・・。曇り空と時折降る雨。それでも街はFinalのために盛り上がりを見せていました。しかも対戦カードがエスパニョールvsセビージャというスペイン勢同士とあって街にはスペイン人があふれ、空とは違い明るい雰囲気がかもし出されていました。

c0055009_1549196.jpg

c0055009_1552388.jpg

街の中で、セビージャ・ファンとエスパニョール・ファンが集う区域が定められていて、とても興味深かったです。Pubでも店員の人たちはユニフォームを纏ったりして・・・(^^)。



そして決勝戦の舞台「Hampden Park」へ。
c0055009_1555155.jpg

c0055009_15553792.jpg

会場の雰囲気ももちろん、試合の内容もエキサイティングでした!個人的には以前、エスパニョールのグラウンドに足を運ばせてもらいましたし、知人の方もそこで働いてらっしゃいますのでエスパニョールびいきで観戦。しかし結果はPK負け・・・。エスパニョールの選手が1人退場しなければどうなっていたかなって思いますけど・・・(苦笑)。ちなみにデ・ラ・ペーニャが味方選手にフリーな選手やフリーなスペースを指示している姿が印象に残りました。


とても幸運です、こんな機会にめぐり合わせてもらっている事に・・・。

今回は1人のコーチとしてもそうですが、1人の人間としてスタジアムを満喫させてもらいました。細かい事は気にせず、会場の雰囲気を感じ、空気を吸い、テンションを高め・・・。でも羨ましいと思ったのが、隣にスコットランド人の親子が座っていたんですね。その子、まだ小学校に上がるか上がらないかくらい。そんな年齢でこんな素敵なスタジアムに足を運び、Footballを目にできる・・・。無意識に身体に刻み込まれていることがそこにあるはずで、そんな自然な歴史的積み重ねが、今日のフィールドやその周辺に根付いているんだなぁと感じました。

帰りも雨に打たれつつ、それでもとても心地よい気分でホテルに戻ったのでした。ほんまいろんな人、いろんな出来事に感謝です・・・(感涙)。
[PR]
by ynikki | 2007-05-30 16:01

Under the Scottish Weather

みなさんこんにちは、いかがお過ごしですか?更新がご無沙汰になってしまいましたが、実は先週、スコットランドのグラスゴーに滞在する機会に恵まれていました。

初日。グラスゴーに到着後すぐに1時間ほど離れた小さな田舎町、New Lanarkに向かいました。とても歴史を感じさせる小さな集落といったところで、家から道から全て石造り。聞くところによると就学前の子どものための学校を実践し、“世界最初の幼稚園”はこのNew Lanarkで生まれたという話。それをはじめた社会改革家ロバート・オウエンにゆかりのある村だそうです。

c0055009_2035567.jpg

c0055009_2041082.jpg


それにしてもこの村の雰囲気に癒され、とても心地よい気分でした。
ちなみに、宿泊したユースホステルのおっちゃんが偶然にもドイツ人で、ドイツ語で簡単な会話が出来たのも嬉しかったです。はたまた、同じ部屋になったアメリカ出身イギリス在住のおっちゃんとはチャンピオンズリーグのファイナルの話題に・・・。僕が優勝はミランかもね・・・、と話をすると、「Footballは何が起こるかわからないんだよ!」ととうとうと語り始め、最後になってそのおっちゃんがリバプールファンだと判明し、この独演会のなぞが解けたのでした(苦笑)。

※まあ今日夜に行なわれる決勝戦。楽しみですね。僕は結構五分五分な気がしています・・・。

とまあスコットランド初日はそんな癒される空間に身を置いていたのでした。続きはまた後日。
[PR]
by ynikki | 2007-05-23 20:08

ようこそいらっしゃいました!

お仕事の出張がちょうど僕の滞在する都市だったということで、お会いすることが出来ました!

c0055009_2012063.jpg


嬉しいかぎりです。それにしても3年前に出会ったときには、今のように海外に仕事で飛び回るような姿は想像できませんでしたよ(笑)。素直に彼の成長具合をうかがえたことも嬉しかったことの一つです。そしてそんな彼がインターンシップの担当者だった僕のもとを訪ねてきてくれるんですからね・・・(感涙)。


ヘンな表現かもしれませんが、様々な出来事がいつも僕の背中を支え、そっと押し出してくれていると感じたりするんです。
そんな自分を支えてくれる出来事にいつも感謝しながら、一日一日大切に頑張っていければと思う今日この頃です。


Kっすん、ほんまわざわざ会いに来てくれてありがとう!お互い悩みながらも頑張りましょう(笑)!また会う日まで!!
[PR]
by ynikki | 2007-05-11 20:02

オタク・・・?

この前、ある知人との話の中で、「家にいるときなにやってるの?」という質問を受け、「本読んだり、サッカーのビデオ観たり・・・」なんて答えたところ、「オタクだね(笑)。」というリアクションをいただきました(笑)。

言われてみればそうかも・・・、なんて思いました。それはビデオを観ていることに対してではなく、Footballのために人生かけて渡欧し、Footballの事ばかり考えようとしているわけですからね。そこに価値観のない人からすれば「オタク」という表現をすることも納得できてしまいました(笑)。でも、僕の師匠は言います。「Footballは、ときに、人生をかけてもいいもんやで・・・」と。まあそんな知人の一言で、ふと自分を客観的にみる機会に恵まれた気がしました。興味深いですね。

ちなみにCLのミランvsマンチェスター・Uの試合を観ていました。僕のお気に入りはピルロです。おとなりの選手の判断間違いも、彼のおかげで全体のつじつまがあっている気がします。(そう思うのは僕だけかもしれませんけど・・・笑)。柔らかなボールタッチと、インテリジェンスあふれるそのプレーに、僕はいつも興味深く観させてもらっています。

CL決勝はミランvsリバプール、inアテネ。

楽しみですね。リバプールのゾーンディフェンスの間を、カカはどうやって点取りに行くんですかね。ミスできない緊張感はリバプールの方にありそうですが・・・、果たして・・・。素人解説者気取りで書いてみました。失礼いたしました・・・(笑)。たまにはお許しを・・・。
[PR]
by ynikki | 2007-05-09 02:48

世界中のいろんな人々

みなさんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?5月の新緑の季節となり、こちらでも緑いっぱい、そして天気も良好です。やや強い日差しのおかげで僕の顔は黒く焦げ始めておりますが・・・(苦笑)。


さて、幸いにしていろいろな人と出会う機会に恵まれていて、たった1年の滞在ですが、その中で

「人間、基本的にはかわらへんのかもしれへんなぁ・・・。同じ“地球人”と捉えて接した方が楽しいかも・・・。」

と思ったりすることがあります。それぞれの国籍、民族などの特徴、違いを意識しすぎてしまうと、それがネガティブに見えてきてしまって、その人の“人間”としての本質が見えにくくなってしまうかもしれない・・・と。


先日、再度PSVのトレーニングに見学に出かけ、以前知り合いになったオランダ人コーチと再会しました。彼はいつも、どこの馬の骨とも知らぬ日本人相手に、とても紳士的に接してくれます。ひょっとしたら彼の中では、僕が感じている上記の事を無意識ながら心の中に備えているのかもしれませんね。でも、年齢はどうやら僕よりも若いそうです。

c0055009_1915044.jpg
このコーチに出会えて良かったなぁ、と思えるのが、「世界には、いっぱい頑張っているヤツがおるねんなぁ・・・。」なんて想像できたりすることです。なんとなくこのコーチは“雰囲気”を持っている感じがして、Footballに対していつも真剣に取り組んでいる“空気”が感じられるんですね。(同じPSVのコーチ陣の中でも、僕には少し違う“空気”を彼に感じています。)

自分がこれから先どこでどんなふうにFootballと接する事ができるかわかりませんが、「あいつもきっとガンバっとるやろうし、俺も頑張ろうかな・・・。」と思えるような気がします。



話は変わり、昨日僕の関わるInternational SchoolにてFesta(日本で言う文化祭かな)が行なわれ、僕はその中の一つのイベントのお手伝いのために足を運ぶことになりました。(カメラを忘れたんで、写真がありませんm(_ _)m。)
「International Fest」と題しているだけあって、各国の料理等を出すブースがたくさん設けられていて、それぞれの国と地域を紹介する形になっていました。また、子どもたちはそれぞれの民族、国の特徴的な衣装に身を包んだりし、パレードを行なったりしていました。

「しっかし、ほんまいろんな国の人がいるんやなぁ・・・」なんて僕はぼんやり眺めていました。

いろいろ問題も起こるんでしょうけど、それでもなお、一つの場所にこうして皆が時間を共有し、国や民族の違いなど関係なく、子どもの成長のために協力し合っている雰囲気はとても素敵やなって思います。いろんな価値観や考え方の違いはあるけれども、こうして皆で共存できることを明確に証明してくれている気がします。

そんな時間を過ごす中でまたまた嬉しい再会がありました。

昨年の夏に知り合ったイングランド人の友人に再会したんです!普段はイングランド在住で、昨年の夏にゲストコーチとしてチームに来ていた時に仲良くなったヤツです。しかも彼は奥さん(ガールフレンドって言ってたけど・・・?)と赤ちゃんを連れていました。まあ今年の夏に会えるねってメールで話はしていたんですけど、少し早い再会・・・。いやあ、この再会は嬉しかった!


世界は広いのか狭いのか、よくわからんなりました(笑)。でも世界にはまだまだいろんな人がいるんでしょうし、知らないこともたくさんある・・・。そんな中で、たまたまFootballを通じて出会った人がいる自分にとても幸せを感じるとともに、貴重な出会い自体に感謝せにゃならんなっていつも思います。
[PR]
by ynikki | 2007-05-06 19:36

納豆 in Deutschland

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

さて、つい先ほど来客(珍客・・・?笑)がご帰宅されました。彼は僕が以前、Dresdenに行った際にお世話してくれた人で、Bonn時代に出会った貴重な友人の1人です。

まあそれはそれはがんばり屋さんで、19歳頃にドイツに魅せられ、大学を卒業した昨年、本格的にドイツにやってきて、そして今年、念願だった学問が勉強できる大学に入学。シュツットガルト近郊の小さな街に移り住み、日々頑張っていらっしゃいます。そのおかげか、ドイツ人張りの議論好き。周囲を「コイツ、困ったヤツやなあ・・・。」という空気にする能力に長けています(冗談笑!)。

そんな彼は大学の休みを利用し、日本食が恋しくなったようでデュッセルドルフにやってきました。彼の家の近所にはAsianshopがないそうです。結局合計5泊6日も僕に家に滞在していきやがりました・・・(笑)。迷惑な話です(爆笑)。滞在中は僕の愛好しているハリーポッターのDVDに夢中になっていました。まったく、何しに来たん・・・?(笑)それでも悔しいことに憎めないやつなんです・・・。

僕は何かと用事があり、きちんとお構いできませんでしたが、そんな中でも彼はドイツ人の友人に振舞う日本料理のための材料を調達し、カツ丼等を食し、どうやら大満足していた様子でした。願わくば、今回の滞在が彼の今後の活力になってくれたらと思います。

c0055009_16453043.jpg

彼が調達したものの一つ、納豆。一つお裾分けしてもらいました。僕、結構好きなんです。「ドイツで納豆」もなかなか乙でしたよ(笑)。


Hajime!!
Danke für deinen Besuch!
Ich hatte mit dir sehr "lustige" Zeit.(HAHAHA!)
Bis dann!

Alles Gute!!
[PR]
by ynikki | 2007-05-01 16:58