excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大好きな人

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

「大好きな人」
なんて書くと、何だか大告白の様かもしれませんが・・・笑。もちろんそんな事はなく・・・。

先日ある先輩からのメール伝いに、僕が大変、人間としてもプロとしても好きな方がこう言っくれていたそうなんです。


「あいつは面白い奴で・・・・。
 でも、あっちで、頑張ってるみたいだな。」



もちろん、僕に対して良くしてくださっているので、僕自身も大変ご好意に甘えているわけですが、それを差し引いても、この方の生き様、プロフェッショナルな雰囲気はとても好きなんですね。

この方と僕は、それほど多くの時間を仕事上で共有したわけではありません。しかしながら会うとおもいっきり、しかもいきなりイジリ倒してくださいました・・・(笑)。そんなときにみせる雰囲気や表情は、ピッチ上でみせるものとはまた違っていると感じます。そしてそんな雰囲気がとても興味深い。“職人”な感じ・・・。

また、僕が仕事をやめる際には、お食事にまで誘っていただきまして、気がつけば朝の4時をまわっていた、なんてこともありました。とても楽しく語らいをさせていただいて、ためになるお話やご自身の経験談など、いっぱいいっぱい素敵な時間を過ごす事が出来たんです。その時にも数分に一回は「お前、面白いな~。」って僕に向かって言ったはりましたけど・・・(笑)。僕にとっては一生の思い出です(^^)。

仕事上で時間を多く共有したわけではなく、むしろ職場であっても、仕事をしている時以外にお会いし、ある意味“素”でいる僕のことを気に入ってくださいました。なんだかそれがとても嬉しくて、ちょっぴり自信を与えてくれたりもしました。まあ、さらに言うなら、その方は伝説的なGKですから・・・ね。いろんな人と出会い接してこられたそんな偉大な方が、僕みたいな会社の一番下っ端をかわいがってくださったんですから・・・。感謝感激です。


もちろん、またお会いする機会があればと願って止みません。しかしそんな話をすればきっと「イヤだよ~、お前なんかと。」って笑いながら言ってくださることと思いますが・・・笑。

そんな方からの久しぶりのちっちゃな便りに、とても嬉しい気持ちになったのでした。“自分らしく”してていいのかなって、改めて思わせてくれます・・・。
[PR]
by ynikki | 2007-02-27 18:17

What is my style?

ここ欧州に戻ってきてからも、素敵な時間を過ごさせてもらっていると日々、感じます。今日もひょんなきっかけでご一緒させていただいた方と、お食事しながらどっぷり語らう時間をいただきました。

その方は僕にこう言ってくださいました。

「こだわりをもって仕事をしてきて、その中で少しずつ結果を残す事で、それが自信になり誇りとなってきたよ。」


と・・・。

僕なんかの生き方も、一つのこだわりだと思ったりもします。しかしながらまだまだ未熟な者で、他人と比較したり、自分の小ささに焦りを感じたりするわけです。なかなか「This is my style!」なんて言えません。

でも、そんな自分のこだわっている生き方、方向性を信じ、進んでいくことでそれがいつしか自信になり、誇りとなっていくのかなと思わせていただいた一言でした。

もちろん、結果は重要です。ただ、その一方で結果は水物だという側面もあるはずです。最善を尽くし最良の結果を残す事をめざし、そうしていく事がまずは大事なんだと、改めて勇気をいただいたんですね。これまた有意義な時間を過ごさせてもらいました。感謝感謝です。

人との出会いはこういった素敵な時間を与えてくれます。今日は明日への動機付けをいただいた、そんな一夜でした。このブログをご覧になっているかわかりませんが、ほんま、素敵な時間をありがとうございました!


師匠(と勝手に仰がせてもらっている方)の言葉を借りるなら、「Be myself」。自分へのこだわりを大切に、自分らしくいられたらと願うばかりです・・・。さぁて、明日もがんばりますかね(^^)
[PR]
by ynikki | 2007-02-23 06:56

踏み出す勇気と人とのつながり

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?ドイツに戻ってきたという実感があまりないのがとても不思議な毎日です(笑)。


ところで、ふと振り返りたくなる素敵な時間が、日本滞在時には多くありました。そのうちの一つとして、渡欧二日前の夜、カレッジにおいて僕が担当させてもらっていた学生達(CS2期生)が飲み会を催してくれたんです。

僕が彼らと出会った時は、もちろん大学生活真っ只中でしたが、時は経ち、彼らのほとんどが就職活動を終え、来年度から社会に飛び出そうとしています。
そして一つ二つの年齢差がありますので、これから就職活動をしようとしている学生もいて、社会に出る前の就職活動の“先輩”方は、“後輩”にアドバイスをしているんですね。(「あなたのこだわり」を聞かれて、「毎日3食食べること」っちゅう答えだけではなぁ・・・笑。)



ヘンな話ですが、僕はこいつらがこんなに仲が良いとは思っていませんでした(笑)。数年前まで知らない者同士に彼ら。F氏と私、そして私の後を継いでくれているK氏、3年にわたって京都で活動を進めてきたわけですが、こうして時間が経っても人間関係が継続しているなんて、とても感慨深く思えました。

学生である彼らの立場にたって想像すると、インターンシップに申し込む「一歩」の勇気が、ここまで人とつながりあえる結果を導き出しているわけですよね。お互いで力いっぱい活動をこなし、分かり合い、時にはもめたりしながら今の関係が築かれていったわけです。



人との出会いなんて、ひょっとしたら、ちょっとした勇気からもたらされるのかもしれませんね。「こいつらオモロイなぁ~。」なんておっちゃんぽく彼らの会話を眺めていたのでした。

いつまでもそんな出会いとつながりを大切にしていってもらえたらと思います。ありがとうね。また飲みましょう!みんな頑張って!



PS;こっちに着いてビックリ!ものすごく天気が良い!清々しい青空です。↓↓↓
c0055009_18414077.jpg

家の窓から撮影。
[PR]
by ynikki | 2007-02-21 18:44

Karneval(プチ体験記)

せっかくですから・・・、体調もマシになったということでKarneval(カーニバル)の様子を観に行ってきました(^^)※カーニバルについてはコチラ


すでに日も暮れていましたので周囲は“祭の後”状態。メイン通りとなったケーニヒスアレーという通りも片づけが行なわれていました。しかしながら、Altstadt(旧市街地)に足を踏み入れるとまだ盛り上がりも残っていたので一安心。↓↓↓


c0055009_1527736.jpg




まあせっかくですから・・・、僕も、日本にてお土産もかねて購入したグッズを纏い・・・↓↓↓


c0055009_15275137.jpg

夕飯となるピザを購入(笑)。思った以上にイジッてもらえず、ややしょんぼりしながら帰宅しました・・・(笑)。



これもFootballを志す身として、重要な体験なんです!って言っても説得力ないですよね(笑)。まあでも、少々堅い話をするならば、欧州の人たちの根底にある宗教心のようなものを改めて垣間見た気がします。そんな心持が、日頃の生活、文化に息吹き、そしてこれまでの歴史を築く上で大きな意味を成してきたはずなんです。ピッチの上だけ見ていても実感できない部分だと感じたりしています。


いや~、最後にこのお祭りに便乗できて良かったですわ(^^)。格好についてはともかく・・・ね。
[PR]
by ynikki | 2007-02-20 15:46

無事到着

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

昨日、無事に欧州へ到着いたしました。しかし到着したはいいものの、日本でいただいた風邪の影響でやや↓↓・・・(>_<)まあのんびりと体調回復に努めていこうと思います。


こちらドイツはカーニバル(Karneval)真っ只中!僕の今のテンションとは雲泥の差です・・・笑。どうやら今日がピークのようですが、僕はこのように自宅療養中。まったく・・・、スキがありますわ(苦笑)。

人々がそれぞれに思い思いの格好をし街を練り歩き、ピークとなる今日は山車が出てパレードとなるらしい。

欧州生活第2弾の幕開けとしてはふさわしい(!?)スタートとなりました。カーニバル最高・・・(・_・;)頑張ります・・・。
[PR]
by ynikki | 2007-02-19 16:08

再渡欧

明日、再渡欧となります。

日本にいても、欧州にいたときと同じように多くの人に助けてもらいながら、素敵な時間を過ごせました。

そんな自分の状況を幸せに感じつつ、また頑張っていこうと思います。



一年前、プレッシャーに押しつぶされそうになりながらも何とか欧州にたどり着いたことを思い出します。

今なお、自分の小ささを感じていますが、慌てることなく、一日一日学習を積み重ねていければと思います。


まずは、明日、無事にたどり着けることを祈りつつ・・・。


みなさん、今後とも宜しくお願いいたします。



行ってきます!!
[PR]
by ynikki | 2007-02-18 01:22

続・素敵な時間

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?ただいま大学時代の後輩宅にお邪魔しており、PCを拝借して更新しております。

今回の日本帰国について、最たる目的としては「準備」というキーワードがありました。以前から念頭に置いていることですが、欧州滞在も今回の日本への一時帰国も全ては人生の一部であると捉えています。したがってどこにいようといろいろなものを観て感じようとする姿勢、そしてそれを次につなげられるようにすることを忘れずに時間を過ごしております。

先日も書いたとおり、本当に多くの人の支えの中で、物質的なものももちろんのこと、目に見えない部分でも「準備」が順調に進んでいるように思います。あとはこれを受けて、これからどのように活かしていけるか・・・(>_<)頑張らねばなりません。

一番大きかったのは、自分の(現時点での)目指す方向性、目標、理想像を再確認できたことでしょうか・・・。これから先の出会いによってその方向性は、軌道を修正されることもあるでしょうが、当面の進んでみたい道筋は確認できた気がしています。




以前、僕がデュッセルドルフでコーチをさせてもらっているところの責任者の人がこんな事を言ってくれました。


「子どもたちは、ピッチの中ではplayer、ピッチを出ればperson。だから指導者として立ち居振る舞いや接し方を上手に使い分けなくてはならない。」


きちんとした線引きはできませんが、根底の部分でこの一文をふまえておく必要があると思っています。(実際はピッチ内でもpersonである事も大事ですし、ピッチ外でもplayerとして観てあげることも必要ですからね・・・。)そして、これは指導者である自分自身にも言えることではないかと思ったんですね。ピッチ上はcoach、ピッチを離れれば一人のperson。

今回の一時帰国において、以前からお世話になっている先輩指導者の方々に再会し、ピッチ内外における魅力あふれる姿に感動しておりました。coachとしてもpersonとしても・・・。僕の理想とする姿がそこにはありました。


僕自身に出来ることは、そういった理想像を目の当たりにし、そこへ向かう“階段”を一段一段着実に上っていこうとする事だけだと認識しています。一段抜かしは出来ません(笑)。そう考えると、これまでとこれからの欧州での生活はこれから着実に階段を上っていこうとする“きっかけ”であり、また、“一段”なんだと思うんですね。(尊敬する方から以上のようなお話をいただいたのでした。本当にお世話になりました。)



毎日毎日少しずつの積み重ね、ですね。今回の滞在と、多くの人との出会いが毎日への大きなモチベーションを与えてくれます。本当に感謝です。

素敵な時間をいただいております。本当にありがとうございます。さ~て、もうすぐ再渡欧の時間ですわ(笑)。


c0055009_8274419.jpg



PS;本当にすみません。全ての人にご挨拶できないこと、それどころか一時帰国していることすらご報告できていません。僕としてはこの時間も欧州滞在の一過程だと思っておりまして、まだまだご報告できる段階にいないと捉えています・・・。ご理解いただけたら嬉しく思いますm(_ _)m
[PR]
by ynikki | 2007-02-14 08:31

素敵な時間

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?ただいま日本を満喫中です(笑)。

いろいろな人の支えの中で、自分の計画通りに日本での生活を送っております。毎日が感謝の連続。ドイツに居ようが日本に居ようがここんとこは変わらんもんですね。

詳しいことはまた更新していきたいと思っています。ただ今回書きたいことは感謝の気持ちとともに、前に進む力を蓄えているという現状のご報告でした。

学習する気持ちを忘れず、引き続きじっくりゆっくり頑張ります。人との繋がりの暖かみに埋もれている横谷でした。それではまた!



[PR]
by ynikki | 2007-02-12 21:20

お互いの決断

一年前、彼はそんなお題で文章を書いてくれていました。

一昨日、その大切な友の送別会にお邪魔してきました。決して今生のお別れではありませんが、一つの門出を迎えたことを実感させられます。


改めて書く必要も無いかもしれませんが、3年前に彼と出会い、共同で一つの活動を任され、必死に仕事をこなしてきました。つらい事もありましたが二人で悩みながらも楽しくやってこれたと思っています。

他のインターンシップ生と同じように、僕も彼から多くを学ばせてもらいました。京都での2年間が充実し、楽しく過ごせたのも彼との出会いのおかげです。

その後、僕がわが道を進みたいと渡独を決意したとき、彼はこれから自身にかかるであろう負担を予測できたのにも関わらず、一番背中を押してくれました。さらにはドイツ在住中もそれまでとかわらず僕を応援し続けてくれていました。



ていうかね、何て書いていいかよくわからないんだけど、感謝、感謝、感謝なんです・・・(涙)。それ以外僕も言葉が思いつきませんでしたよ。(おかげでこんなタイミングでブログ更新です・・・。)



僕なんかの微力では、そんな大それた恩返しはできません。ですからせめて、彼がどこにいようとも応援し続けること、そして彼が次に働く場所のファンクラブに入会することくらいだと思っています(笑)。



一年前、彼の言葉の中にこういったものがありました。(「お互いの決断」


でも結局のゴールは一緒だと思います。
「なりたい自分になる」「夢を叶える」。

夢の形やプロセスはお互い違いますが、スポーツを通じて多くの人たちと出会い、感動を共有し、震えるほどの経験をして、小さくとも社会にその一歩を刻めればいいと思います。




拓ちゃん!京都での生活、お疲れ様でした。
これからも僕はあなたの一友人として存在させてもらってよろしいでしょうか!?それぞれがそれぞれの自分の位置を確認できる、そんな存在でい続けられたらと思います。こんな僕ですが、これからも宜しくお願いしますm(_ _)m

お互いの理想像に向かって、一歩ずつ歩みを進めていきましょうね!

Ich wünsche dir gute Erfolg!!
[PR]
by ynikki | 2007-02-04 10:32