excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

もう一つのWM開幕

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?

実は今日、もう一つのWMが開幕を迎えました。それは「知的障害者ワールドカップ」。4年前にも日韓W杯後に日本で開催され、メディアにも多く取り上げられていました。今回、僕もこの大会の情報を直前で得まして、しかも開幕戦がドイツvs日本、そして隣町のスタジアムで行なわれるということで観戦&応援に行ってきました。

"Fußball WM 2006 der Menschen mit Behinderung"(大会公式HP)

INAS-FID

日本ハンディキャップサッカー連盟


c0055009_3471155.jpg

選手達はわれわれ日本民族の代表として、精一杯のプレーを見せてくれていました。

しかし、残念ながら0‐3の完敗・・・。体力差、経験の差などがはっきりと出ていたかもしれません。ドイツ代表選手の所属先をみると、それぞれ地元のクラブでプレーする機会に恵まれていることが窺えました。日本でも多くの人がFootballを楽しめる環境になることを祈るばかりです。


「背中に多くのものを背負ってピッチ上に立っている」だろうことを想像して見ると、とても感慨深く感じました。帰宅後に知ったことですが、今回の参加・渡航等に多額の費用がかかっているそうで、以前から寄付金を募っていたそうです。コスト削減ということで、参加選手は10万円の費用を自己負担。身体の障害以外にも多くの苦労を経て、今回ドイツに来てFootballをしているんですね。なんとも言えない感情が沸き上がります・・・。
c0055009_453687.jpg


障害をもった方々がスポーツに尽力し、身体の障害とうまく付き合っていらっしゃる。僕達はこういった方々の存在をもっと知っておかなければならないと改めて感じます。この試合でも、知的障害者の方々の能力の高さにとても驚かされました。このブログを見てくださっている方にも、ぜひともこれをきっかけに注目していただけたら幸いです。



 ●予選リーグ試合日程
8月29日  vsドイツ  12:15 MSV-ARENA  デュイスブルク
        (※オープニングゲーム)

 9月4日  vsロシア  16:30 SPORTANLAGE  シュテムヴェーデ

 9月7日  vs北アイルランド  11:30 STADION TuS HILTRUP  ミュンスター

 ※いずれもノルトライン・ヴェストファーレン州内
   大会は9月16日まで続きます。



今日はまた一つ、Footballの違った価値を見させてもらった気がします。
Footballの大きな可能性を改めて感じました。

“1人でも多くの人がFootballを楽しめるように・・・。”

Footballに携わる者(携わりたい者)の1人として、少しばかり視野が広がる思いをさせてもらった今日の出来事でした。


c0055009_348641.jpg

最後に、今日の綺麗な青空を!
[PR]
by ynikki | 2006-08-30 04:29

back bone

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?

今日、近所でとある青年を見かけました。彼は同じ学校に通う青年で、僕とはクラスが違います。でもいつも無表情で、視線も下を向きがち。ちょっと暗めの印象でこれまで彼のことを見ていたのですが、今日、彼は小さな妹と弟らしき子どもと一緒でした。

少し笑顔を見せていました。

もちろん深いことはわかりません。でもいろいろなものを背負ってここにいるんだろうなあ、なんて思いました。

当たり前の話ですが、人のことをその場での印象や雰囲気だけで判断してはいけないと改めて感じます。なぜならば、一人一人背負っているものが「違う」わけで、価値観も「違う」わけです。どちらが良いとか悪いとか、優劣の話ではなく、「違う」んです。ですから、表面に見せられたものだけでああだこうだと他人が言うことは決してできない。

だからといって、人を理解する為に、それぞれの深い部分にズケズケと入り込んでもいいのかといえば、もちろんそうでもないと思います。そして自分の価値観の押し売りももちろん×・・・。(自分の価値観を、タイミングを見て、ぶつけることとは別です。)

表面にある部分でしか、他人はその人のことを理解できないのかもしれません。特に友人関係などでなければ・・・。ただ、自分が人と接する際には、その相手の人の背景をうかがいつつも、十分に理解するだけの材料が“整っていない”ことを念頭に置いて接するべきだなあ、なんて思いました。そんな感じ方が果たして正しいのかどうか自信はないのですが、自分自身で気を付けたい部分かなとも思っています。(勝手な詮索のし過ぎは×だとつくづく思います。)


また、今こちらで、いろんな価値観の存在する興味深い社会の中に身を置こうとしています。自分の価値観はそのうちの一つに過ぎず、どれかが絶対的に正しいと言い得るものは存在しないところです。皆が皆何かを背負ってここに存在しており、そこから生まれる価値観はバラバラなはず。でもどこかでお互いを尊重し、認めあっており、共存している社会なんです。今、少しばかりそんな社会に関わろうとしていますので、今日はこのような内容を書いてみようと思いました。

僕にとってはとても良い修行です。なぜならば、日本にいた時のように、誰かの価値観に依存すること、乗っかることができないんです。「皆がこうしているから・・・」とは言えない。自分の価値観を大事にしつつ、様々な人の考え方、感性を受け入れ、すり合わせていかなければならないのです。それが自然と要求されるところに身を置かせてもらっている気がするので・・・。

「あいつはああで、こいつはこう。」
「なんであいつはああなん?」
「だって、“あいつ”だから・・・笑。」

たとえるならこんな感じの会話になるかな・・・(笑)。興味深いところに身を置かせてもらっています。

※ちなみに、こんな感覚はFootballを見ている際にも当てはまるかもしれません。例えばテレビでみることのできるチームや近所のサッカーチームなど・・・。いろんなもん背負ってピッチの上に立ってるんですよね。感情論抜き、ピッチの上に現れたものだけを評価することも大事ですが、その際、そこにはいくらかのback boneが存在していることを念頭に置いて目にすることも大事なのかもしれませんね。特にプロ以外の世界であれば・・・。


思い切って書いてみましたが、文章中に語弊があるようでしたらお許しくださいm(_ _)m
引き続き頑張ります。
ではまた!
[PR]
by ynikki | 2006-08-29 04:38

美味しいものが食べたい!

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?

唐突な願望をぶつけて申し訳ありません(笑)。
別に美味しいものを全く食べていないわけではないのです。外に食べに行けばそれなりに美味しいもんを食べられなくはない・・・、ですから。(ドイツでも・・・笑。)

ただ、自分で家で自炊をする際、どうしても美味しくないんです・・・。要するに僕は料理がメッチャ下手(笑)。

なんでこんなことをこんなタイミングで書きたくなったかというと、どうも自分の空腹を満たしているだけのむなしさ、寂しさを最近ちょっと感じたからです(>_<)

う~ん、どうやって解決するべきか・・・。

僕は昔から凝り性なんですね。小さい頃、めっちゃミニカー集めてました(笑)。覚えているかたもいるかと思いますが、流行りましたよね「キンケシ」。キン肉マンのガチャガチャで買う消しゴムのことです。そしてビックリマンチョコ(笑)。これもめっちゃ集めました。食事も、卵がけご飯に凝ったときは1~2週間、毎朝卵がけご飯でした(笑)。

料理も凝り始めたら・・・、なんて思っていましたが、過去1人暮らしを数年続けていますが、一向にその気配はなし。なぜならば、まず、手先が不器用だから・・・。それと、性格的に几帳面でありながら几帳面なのは、料理の素の袋に記載されている水の分量を細かくチェックし、入れるところまで(笑)。一から材料や調味料に凝ってみたり、そんなことは面倒でできません・・・。ですので、料理に関して美味しいものができる要素が今ところ僕にはないんです・・・(苦笑)。

ちょっとずつ対策を練らねばなりません。自分の味付けでこんなに美味しくできた!みたいな体験を一度でいいからしてみたいと思う今日この頃です(笑)。


さて、欧州チャンピオンズリーグのグループリーグ組み合わせが発表されましたね。こちらはほんま、細部までこだわってつくられた“料理”ですので、美味しくいただけるはずです。まずは“材料”からチェックですかね!?観るこちら側としたら、“食べ方”を正しくしなくちゃいけないのかもしれません。僕にとっても“Footballを美味しくいただくためのお行儀講座”として、美味しい食べ方、ならびにその調理方法をもイメージしながら観戦したいと思います。ただ空腹を満たすだけでは絶対にもったいない戦いがそこにはあるはずですからね(^^)

こだわりたい!Footballも料理も!

でも料理はやっぱり僕には難しい・・・笑。

美味しいものが食べたい・・・。
[PR]
by ynikki | 2006-08-26 05:34

古き良き友達

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?
最近のこちらの天気はとても変わりやすく、ようやく数日前から晴れが続いたなあと思ったら、大降りの雨が突然降り出すような状況です。いずれにしても半袖ではちょっときついです。とりわけ寒がりの僕としては・・・(>_<)

ところで先週、古くからの友人二人が僕のところを訪ねてきてくれました。1人は小学校から、もう1人も中学校からということで、子どもの頃から付き合いのある友達です。こんなわがままな僕とも長年飽きずに付き合ってくれている物好きな友達です(笑)。

そんな彼らが来てくれて、やはりほっとしたというのが正直な気持ちです。

昔から僕のことを知ってくれていることで、多くは語らずとも僕の性格を察知して、気を使ってくれていたように思います(実際はどうなんでしょうね?実は何も考えてなかったりして・・・笑)。それに面白いもので時間を共に過ごすだけで何となくリラックスできるもんなんですね(^^)。

僕は友達が少ないので(笑)、そんな彼らは僕にとってとても貴重な存在です。改めて実感・・・(ToT)

この夏は、本当に多くの方が僕のところへ訪れてくれています。寂しがり屋さんですから、本当に嬉しいかぎりです(笑)。


とにかく来てくれてありがとう。
お互い引き続きそれぞれの場所で頑張ろう!
帰ったらまた一杯!今度は生中やな(笑)!
[PR]
by ynikki | 2006-08-21 01:58

愛情たっぷりの芝生の上で・・・

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?

さて、先日お伝えしたとおり僕は先週、ちょっとの時間も無駄にすることなく、(特に頭を)休む必要に迫られていました(笑)。

実は縁あってとあるクラブでコーチの手伝いをすることになり、行ってきたんです。で、そこで一番問題となったのが、やはり言語。それもドイツ語でなく、英語が公用語・・・(苦笑)。頭の中のスイッチはドイツ語を学ぼうとしているところに、英語を話せって命令しなきゃならなかったんですね。いやあ僕の頭もご苦労様です。

今回のそれは、5日間毎日朝から夕方までの「Summer Camp」と題して行なわれていました。(宿泊はないので毎日通っていました。)そしてやはり最後の方になってくると頭が疲労し、言葉が出てこない・・・。そんなこんなで、家に帰ると疲労困憊。でも楽しかったので心地よい疲労といった感じでしたね。(ですので時間をかけて頭を休めていたわけです・・・笑。)

また、中日くらいに「Ryo!Japanese W-upを見せてくれよ(笑)」みたいな話になり、手つなぎ鬼をやりましたが、以前仕事で使用していた僕のおしゃべりも、まったく言葉にならず・・・。
う~ん、良い経験となりました。だって、知っている数少ない単語と表現方法を使って説明するんですから。幸いにも子どもたちが手つなぎ鬼を知っていてくれたから助かった面もあります(>_<)そして勉強するためのモチベーションもいただきました。

また、あいにく天気はとても変わりやすく、寒かったりしましたが何が良かったってピッチです!!最高!!専属グランドキーパーのManfredが念入りに日々手入れしているもんですから、とてもすばらしいんです。少し長めに刈られた芝生。サッカーコート3面取れるらしいですわ。いやあ、気持ちよかった~。Footballするにはもう少し短くてもいいかな(笑)。

c0055009_6324189.jpg


先週はそんな1週間を過ごしました。でもまたいろいろと感じさせられる部分がありましたよ。それはまた今度ゆっくり整理したうえで書かせてください。それではまた!
[PR]
by ynikki | 2006-08-17 06:35

小さな出来事から大きな勇気をもらいました。

みなさんこんにちは。

先日かつての同僚からメールをいただきました。

主催するサッカー教室での出来事だそうです。

参加した1人の子が、出場した全国大会のパンフレットをもってきて、コーチに見せていたそうなんです。そして嬉しいことに僕のことを探してくれていたみたいで、そのパンフレットを僕に見せたかったというのです。

彼とはサッカースクールで2年間一緒でした。愛くるしいキャラクターで、忘れ物の多い(笑)憎めない選手でした。もちろん忘れもしません。

僕は何も特別なことをしたわけではありません。ただただがむしゃらに過ごした2年間、そのなかで僕なんかのことを覚えてくれている子がいる。

勇気をもらいました。

こんな自分との出会いも大切にしてくれている子がいる事。働いた2年間、失敗や過ちはいっぱいありましたが、やってきたことは間違いではなかったんだって思える小さな出来事です。そんな小さな出来事が、今後に向けて、僕に大きな勇気を与えてくれました。


ゆうま!引き続き頑張ってな!
遠くからいつも応援してるぞ!でも忘れ物には注意!(笑)
[PR]
by ynikki | 2006-08-15 01:30

世界平和

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?

すっかり更新が滞ってしまい申し訳ありません。更新できないほど忙しかったわけではありませんが、ちょっとした時間を使って頭と体を休めていました。リラックスした状態じゃないと、いろいろ自分の中の電波も強く発信されませんからね。(なぜ頭と体を休める必要が出たのかはまた次回に。)

ところで、先日ロンドンにてテロ計画を実行しようとしていた計画犯が捕まり、只今イギリスの空港は大パニックですね。また、少し前にはドイツでもドルトムントとコブレンツのそれぞれの駅で爆発物が見つかる騒ぎがあり、欧州は緊張が走っております。ちなみにドルトムントもコブレンツも僕のうちから列車で2時間圏内のところなんです(怖;)。

そんな緊張の最中、先週の週末、僕はミュンヘンにいました。初めてのミュンヘン。とても綺麗で魅力ある町並みに魅せられていました。ただ天気が悪いこともあり、また、お連れさんの意向もあって美術館に行くことにしたんですね。ミュンヘンには近・現代など、3つの時代区分に分けられた有名な3つの美術館があるんですが、その際、ちょっとこんなことを感じながら絵画を鑑賞していたんです。(絵心がないもんで・・・。)

c0055009_4194100.jpg


ここでは、本当にいろんな言語が耳に入ってくるんです。何語かもわからないものもたくさん。要するにこの空間にはいろんな民族の方々が訪れている。出身、言語、性別、年齢などなど様々。ならば当然価値観も様々なはず。

そこで思うことが、以前とある方とのお話に出てきたのがきっかけとなるのですが、「よくもまあ一定の秩序が保たれているなあ・・・」と。

今回の美術館で言えば、美術館が定めるルール・規律があり、「入場料を払う」、「静かにする」、「絵には触らない」など、それをどんな民族、価値観を持とうと、厳守しなければならない。常識とかそういった言葉でも表現できるかもしれませんが、美術館がある一定のラインを引いて、秩序を保たせているわけですよね。(今回はそれが完璧かどうかの議論をしたいわけではありません。スリとかも当然いますから。)

Footballに照らし合わせてみると、同じようなことが言えると思いました。

一定の枠組み・条件(ピッチサイズ、人数、用具など)の中で、規律があり、それを遵守して選手はプレーをする。スタッフは仕事をする、ファンは観戦する。
またチーム内に視点を移せば、監督が11人という価値観の違った選手達に一定のラインを設けて、チーム内に秩序を保たせる。

基本的にこれは「平和」と呼んでもよい状態なのではないでしょうか。
では、なぜ美術館やピッチ内外では秩序が保たれるのか?

的外れでしたらごめんなさい。一つの意見として、美しきもの、楽しきもののためには、人は(無意識に)秩序を保とうとするのでしょうかね?そこに尊重心があるからかな・・・。

Football、特にピッチ内に関していえば、選手の特長に合わせた「自由と規律のバランス」が、よりよくFootballの魅力を引き出すのではないかと思います。それを、(特に欧州の人は)みんな知っているから、遵守するんじゃないでしょうか。

そんな勝利の先にある喜びや楽しみのために、監督・コーチは一定の秩序を保たせるラインを引くことに悪戦苦闘し、選手は選手で自ら持つ価値観と、チーム全体の価値基準との狭間で葛藤したりする。しかもチームの会長やファンからの要求もありますからね。したがって時には“平和”が保たれにくい状況も生まれます・・・。やはりそう簡単ではありません。

人間同士、価値観のぶつかり合い。ニュースで戦争やテロについての話に及ぶたびに考えさせられます。

世界という単位、11人という単位。極端に言えば、規模は違えど基本は同じなのかもしれません。ならばバルサがCLを、一定の規律の遵守と自由との絶妙のバランスにより勝利したように、世界も一定の秩序遵守と自由とのバランス、それに尊重心によって、いつの日か平和がおとずれてくれればいいのに・・・。(って、同じ人間が関わるものですけど、そもそもスポーツと戦争は同じように考えるべきではないんですかね?)

世界平和を願って止まない今日この頃です。欧州に来て、世界中いろんな国の人と知り合う機会を持ってから、余計意識するようになっています。

脈略のない文章で失礼致しました。それではまた。
[PR]
by ynikki | 2006-08-14 05:10

同じクラスの中国人

 みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?

 何とドイツは肌寒くなってきております!8月中に徐々に気温が下がることは話には聞いていましたが、ここ数日雨が降ったり止んだりの曇り空で、日中でも長袖を着る日々を送っています。新しい学校でクラスメイトになったトルコ人が「ドイツは365日のうち、30日だけ晴れ」って言ってました。「ウソ~!?」ってつっこみ入れときましたけど(笑)。ちなみにトルコは「365日のうち、太陽が出ないのが30日だけ」らしい(^^)。

 そんな新たなクラスはまたとても興味深いんです。おそらく18人近く生徒がいる中で、何と11人中国人!!団体で訪れているらしいんです。日本人は僕1人ですが、他韓国人3人、イラン人1人と、ブラジル人1人、トルコ人1人。15/18人アジア人(トルコは欧州数えで)!とても興味深いクラスとなりました(笑)。

 そして、その中国人の様子を見ているといつもおかしくなってしまうのですが、まだ初級クラスとあってドイツ語が話せません。英語も通じないし、これまでにドイツ語に触れたことすらない感じで、いつも口をポカーンってあけて先生を見つめているんですね。しかもどの人も個性強くて、漫画のキャラクターが勢ぞろいって感じなんです(笑)。
 でももちろん一生懸命話を聞いていて、次の日には習ったことをぎこちないながら、習得し、学習しているんです。頭が下がりますm(_ _)m

 彼らはそんな風にいつも「なんのこっちゃ??」って顔しているんですけど、でも一つ気づいたのは、そんな彼らの笑顔に“屈託がない”!良い笑顔してるんです。

 その団体の中でも年齢、職業などはばらばらみたいで、いろんな事情を抱えてドイツにやってきたんだと思います。でも何か理解できた時や、楽しい事があると思いっきり笑顔を見せるんですね。今日は僕も、ちょっと知っている中国語を言葉にし、「シェイシェイ(謝謝)」って言うととても喜んでくれました!(まあこの笑顔で一儲けしているとも言えますけどね。商売上手ってことで・・・笑)。

 これからの彼らの学習する過程が楽しみです。僕もあんな笑顔見せられるようになりたいなぁ(^^)(まあ、心のうちはわかりませんよ~。)
 
 まだ新しい学校も、始まったばかりなのでこれから先どうなるかわかりませんが、そんな出会いを大切にし、またいろんなことを感じられたらいいなって思います。
 日々学習です!引き続きじっくりゆっくり頑張ります!
[PR]
by ynikki | 2006-08-04 05:31

悩むのが仕事(?)

 みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?

 最近更新が飛ばし飛ばしでごめんなさい。プチ・ホームステイ以来、なんだかどことなく、力が入らない日々であります・・・(>_<)とか言っている間に8月突入!

 さて先日から、新しい語学学校に通い始めました。しかしながら渡独当初と同じように、またまた悩むことになってしまいましたよ・・・(ある程度は予想していたのですが・・・)。
 今回僕の入ったクラスは「Mittel」という中級クラス。僕はまだ初級クラスすらきちんと終えていないので、いわば背伸びです。(事情によりこれは自らの意思でした。)
 そして、実際に3日間そのクラスで過ごし、出した結論はというと、やはりクラスを下げることに・・・。

 なぜ先からさげておかないのか?って話ですよね。実は、僕に合うレベルのクラスがタイミングよく、無かったもので、下げるなら「Grunde Ⅰ(初心者クラス)」となることに悩んでいたんです。要するにGrundeⅠならば簡単すぎる、Mittelならば難しすぎる・・・。(3月と状況が違うのは、一応こんな僕でもドイツに来て5ヶ月が経過したもので・・・。GrundeⅠにいって、最初の最初からまたやり直しっていうのはどのくらい自分のためになるかな?ってことです。)

 いろんなシュミレーションを頭の中でしながら、数日悩みました。最終的には自分の性格的なことや、得手不得手などに考えが及びながら。まあ今回は足早に前に進むよりも、これまでのことを復習したかったことが大きな決め手になった気がします。(長く助走をとった方がより、遠くに跳べるって聞いた~♪♪って歌詞ありましたよね・・・笑)。

 人から見れば本当にちっちゃなことかもしれませんが、そんな些細な事でも僕は昔から悩むたちですので・・・(今更何を言うか!って?)。ほんまこれまでも悩みながら自分はちょっとずつ成長してきた気がします。度が過ぎたときには、いつまでも同じことで悩んでいるもんだから、僕のことをよく知る人物からは、ほんまに怒られたりもしますけど・・・(笑)。

 まあ今回書いたことはたいしたことじゃないんですが、日本にいようがドイツにいようが、内容は違えど、考えすぎたり悩んだり・・・。俺って変わらんもんやなぁ、ってふと思ったんで、書いてみたくなりました。

 人は毎日時間を重ねることで何かしらの経験を積み重ねているはずです、意図するしないにかかわらず。ということは人間は皆、不変ではありえないとどなたかの本に書いてありました。
 しかし、あくまで僕の場合、悩みやすい性格を変えるためには、おそらくそれ以外のことを全てほっぽり出さなくちゃいけないくらい時間と労力を要するかもしれません。ならば、そんな性格ともうまく付き合っていく方はいいのかなってちょっと思うんです。そんなことをここ数年で気づき始めたんですね。

 でもどこかでそんな性格が無意識に気になっているんでしょうね。気がつけば「ま、いいか」って自分に対して言っている気がします(笑)。「気にしない、気にしない・・・」とか、「何とかなる!」とか(笑)。

 悩むのは人間としての、僕の仕事かもしれません(^^)

 まあ悩もうが即決しようが、どんな場に身を置こうとも、自分のできる限りのことを精一杯やることには変わりはないですからね。頑張ります、明日も引き続き・・・。
 今は何となく力が入らない状態が続いていますが、また自然と力が入る日をジッと待ってみようと思う今日この頃です。(これもまた悩むことに悩んでるって事ですか・・・?)
[PR]
by ynikki | 2006-08-01 05:54