excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Never ending

 みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?この前の週末は人がすごかったですね。天気も良く、紅葉のピークともあればこれくらい人が増えるのかと、びっくりしました。結局紅葉狩りにはいけませんでしたが、まだ間に合うのでしょうかねえ??

 さて、カレッジでは、CSは24日にプレゼン会、27日にKIDSカップin太秦での交流会(小学校1&2年生へのサッカー教室)を終えました。HTAはイベントが終了し、サンジェネも入稿し終えたと聞きました。マーケティング班はこれまでの調査・研究のまとめにかかっている段階と言えますかね?みんなホンマお疲れ様です。

 これまでにカレッジ生の中では、上手くいった事もあれば、うまくいかなかったこともあるはずで、ぜひともそれの記憶があるうちに整理しておくことをお勧めします。長い人生のうちで、このカレッジは皆さんにとって“トレーニング”の一つに過ぎず、そこから何を学び、成長し、次につなげるかが大事であると福田も僕も考えているからです(もちろんそれぞれの場面で成功を成し遂げることも重要です)。ありきたりな表現かもしれませんが、これがよく言うところの「前に進む」ということではないかなあと思います。一つ何かを成し遂げたからもう終わり、なんてことは全くないと思いますから・・・。終えることが最大の目的ではないのでありま~す!

 なんて説教じみたこと言ってごめんなさい。カレッジ2005が終わりに近づいているものの、“終わり”だと思っちゃいけないのかな、なんて思ったわけで・・・。最後の報告プレゼン会、ビシッと決めちゃいましょうね!!
c0055009_759843.jpg

CSの成果は、数年後、数十年後にあらわれる・・・?CS生の撒いた水が、子どもたちが花を咲かせるためのお役に立てたらいいですね(^^)
[PR]
by ynikki | 2005-11-29 08:03

What can I do?

 みなさんこんにちは。紅葉シーズン真っ只中ですね。今年はちょっと紅葉狩りに行ってみようかななんて思っています。しか~し、カレッジは架橋真っ只中!果たしてその願いは叶うのか・・・(>_<)

 さてそのカレッジですが、CSは17日に全講義が終了しました。あとはプレゼン会と修了式のみ。そして今日、HTAイベント班がKIDSフェスタを終了しました。福田と話していたんですが、このフェスタが終わるとカレッジの終わりが近づいていると感じます。

 今日のイベントの最後に僕からお話させてもらいましたが、一人ひとりが「自分にできること」を強く意識しながら行動すると、こうもグループ全体がスムーズに動くのかととても感心させられました。ほんまこの部分は前回と格段に違ったところだと思います。
 でもその根底には、「このイベントを成功させたい!」「自分も貢献した!役に立ちたい!」などという強い希望や意志を持っている必要があると思います。やはりこれがないと「自分にできること」を強く意識することは出来ないとも感じますね。しかし今回の成功を見る限り、その気持ちの強さも非常に感じとることが出来ました。

 明日はCSのプレゼン会です。今回イベント班が学んだように、グループでの活動を通じていろんなことを吸収してくれていたら幸いです。まあまずは明日の成功を目指すのみですけどね。頑張りましょう!!

 お疲れ!イベント班!!最後のプレゼンまで気を緩めずにね(^^)
[PR]
by ynikki | 2005-11-23 20:25

発芽

 みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?すっかり冬ですね(苦笑)。寒がりの僕としては大変しんどい思いをさせられてます。う~ん、こんなことでは北海道では暮らせないですよね?福田さん・・・。

 さて、サンガに来て2年。曲がりなりにもコーチとしてのお仕事をいただくようになり、僕の中でベスト3に入る印象深く、かつ嬉しい出来事があります。面白いことに、それは過去形ではなく現在進行形なんです。

 現在毎週火曜日、西京極にある体育館で親子サッカー教室が開かれています(全6回中2回終了しております)。僕はいつも、そこに来ている“ある親子”に会うことを楽しみにしているんです。
 その親子との出会いは、僕がサンガに入って3ヶ月目くらいだったでしょうか。岡崎公園でのイベントに加藤コーチと一緒に出かけたときのことでした。その時はサッカー教室というよりも、キックターゲットやスピードガンを使って、アトラクションのアテンドをすることが仕事でした。そこに列をなす子どもたちの中で、何度も何度も並んではキックし、また並んではキックと、熱心にチャレンジする子がいたんです。その子はお母さんと弟さんと来ていて、お母さんによるとサッカーの経験はないとのこと。当然キックしてもそのほとんどは穴に通すことが出来ませんでしたが、失敗してもキックに夢中になるその姿勢がとても印象的だったんです。

 それから数ヶ月経った11月頃。今行われているのと同じ西京極での親子サッカー教室に僕が見学に行ったときです。そこに岡崎公園で出会った親子が参加しに来てくれていたんです。そしてお母さんは僕のことを見つけるなり、「サンガのイベントに参加していればコーチにまた会えると思ってたんです!!」って嬉しそうにしゃべりかけてくれました。(この瞬間の嬉しさは今思い出してもシビレます。)で、当の息子さんはというと、まだまだボール扱いはぎこちないものの、岡崎公園であったときと同じように楽しそうにボールを蹴っていました。そんで当然僕のことを覚えているだろうと期待しながら近寄ると・・・、お母さんがいくら話して聞かせても最後まで「???」でした(笑)。

 記憶が確かではありませんが、再会したときのお話によるとその岡崎公園でのキックターゲットが一つのきっかけになり、サッカーに興味を持ったとのことでした。まあ、その子のお父さんは日ごろからサッカーやフットサルをされているようですので、もともとサッカーに興味を持つ環境にあったのだと思います。でも僕は勝手に、「僕が彼に種をまき、そしてその芽が出たんだ!」って嬉しくなるんです。実際は僕が彼に与えた影響なんてほとんどないと思いますけどね・・・(^^)

 そして今回の親子サッカー教室でまたその親子に出会うことが出来ました。さらにこれまでと違うのは、僕は担当コーチの一人としてその親子と一緒にサッカーを楽しむことができるということです。
 これは指導者冥利に尽きると感じています。また、僕なんかでも小さな喜びを与えることが出来るんだと、ちょっぴり自信が湧く思いもします。
 ですので僕はその親子がサッカーを楽しんでいる姿を目にするたびに、コーチという仕事の喜びややりがい、また、こんなすばらしい職に就いていることの幸せを再認識させられるのでした。

 そんなわけでここんとこ毎週火曜日が楽しみなんです。“発芽からの成長”を目の当たりに出来るんですから・・・。
[PR]
by ynikki | 2005-11-18 22:38

気が利く

 みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?紅葉の季節も手伝って、京都に人があふれている気がしますね。住んでみるとわかる現実です(笑)。でも、先日の話題ではないですが、そんな観光を元に“ご飯を食べてらっしゃる”方もいるわけですし、それで京都も潤っているんですからね。我慢しなきゃならんのです。最近思うのですが、逆手にとってせっかく観光地にいるんだからいろんな所行って楽しんじゃおう、という気になっています。そういえば夏には大原に行きました。風情があっていいところですね~。みんなでどこか行きますか??

 さて、昨日クリニックフェスタが行われました。そう、HTAイベント班が企画、運営した始めてのイベントです。昨年が懐かしいです、いろんなことありましたね~(笑)。
 今年のイベント班は、サンガ体操やサンガラス、サポーターの方々による応援レクチャーなど自分たちの色を出そうと一生懸命やっていたと感じます。しかし昨日は、細かい部分でいろんな問題があり、僕も福田も厳しいことを言わせてもらいました。
 もちろん昨年のメンバーもいろいろと厳しい指摘を受けていましたが、最終的にそこからいろんなことを吸収して修了していったと思います。今年のメンバーも、今回のことを受けていろんなことを吸収してくれたらいいと思います。まあ、今回のイベントについて、僕があれこれ細かく言う立場にないので、ここらへんでやめておきますね。

 でもひとつだけ・・・。昨日のクリニックフェスタを終え、改めて感じたことがあります。それは「気を利かせる」ことの大事さです。
 僕の大学時代のサッカー部の仲間はみんな非常に気が利く連中でした。それで面白いのが、僕が一番気が利かない人間だったものだから、もう常日頃からある種の“教育”を受けていたんですね。「こういうときはこうするものだ!」とか「気が利かないなあ~」なんてプレッシャーをかけられたり・・・(>_<)
 それでも皆さんが知ってのとおり、いまだに気が利くほうではありません。でもその時期と今とで変わったことは、「気を利かせよう」と思うようになったことです。まあ大学院時代はそのことにあまりにも力が入りすぎて少々不自然なところもありましたが、それでも意識的なところでだいぶ変わった気がします。

 そのことが100%良いこととは言いません。しかし昨日のような大人数でのイベントや、その他集団で何かの業務や活動を行う際には、一人ひとりの気遣いというのが仕事をスムーズに進行させ、何か問題が起きても大事にならず、グループ内の雰囲気も良くすると僕は思うんです。昨日イベントに携わってくれたスクールコーチの山下コーチと鷺坂コーチはホンマすごいですよ。めっちゃ細かいことに気が利き、動いていらっしゃいます。2期生の皆さん、気がつきましたか~?
 もちろんいきなり気が利く人間になることは無理です。でも「何かをしよう、何か役に立とう、何か自分に出来ることはないか」という、そういう意識を持ち続けるからこそ、人から言われる前に自らが行動を起こせるようになっていけると僕は考えます。昨日のイベントに携わった2期生の方々もちょっとそんなことを考えてもらえたらなあと思います。次はもっと良いイベントになるよう頑張りましょう。

 ところでほんまに気の利く人って、さりげなく気を回して行動しはりますよね。“かゆいところに手がとどく”ってやつです。そんな人間に僕もなりたい!(山下コーチ&鷺坂コーチ、いつも見習わせていただいてます!昨日もほんまありがとう!!)
[PR]
by ynikki | 2005-11-14 18:48

サッカーで飯を食う

 みなさんこんにちは。実は今日、太秦で小学校1&2年生を対象にした大会が開かれる予定でした。「予定でした」というのは、雨で延期になってしまったのです。その中で特に僕が残念なのは、この大会の最初にCS生が子どもたちに対して「交流会」という題目で、サッカー教室を持たせてもらうはずだったことが、出来なかったことにあります。延期ですので次の機会に開催できることを願ってやみませんが、どうなることやら・・・。神様も味方につけなくてはなりませんね。日ごろの行動、言動を慎むようにしたいと思います(笑)。

 さてさて、今僕は幸運にもサッカーで飯を食っています。厳密に言えば「食わせてもらっている」です。特段何か特別な能力があるわけではなく、ちょっとした運と縁でJクラブで働いているわけですから、ほんま食わせてもらっているんです。
 
 ちょっと自分とは次元のかけ離れたことを言いますが、○セラのI会長さんのように、そのレベルの方になれば多くの人を部下として雇い、職務を与えていらっしゃいます。人を扱うわけですが、向き不向きもあって(ちょっと語弊があるかもしれませんが)出来の良い人もいればそうでない人もいるはずです。そこでもし、会長が我がの利益ばかり追求していたら、たまたまその職場で出来が良くなかった人に対して、クビにしたり職務を取り上げるような行動に出ることになる。 でもそのクラスの会長ともなれば、おそらくあらゆる人たちの満足、そして幸福を追求するはずで、多くの人を「食わせなくては」ならない。そうでなければ多くの人たちがそこに従わないはずですし、そこから大企業への発展はなされなかったはずです(僕が言うのは大変おこがましいですけど・・・笑)。だからできる限り多くの人の欲求を満たし、幸福になってもらえるよう人員を配置し、バランスを考える・・・。

 こんなこと僕がふと気づくわけはなく、先日僕の大先輩とのお話の中で出てきたことであります。じゃあ今の自分に置き換えると何が考えられるか・・・?
 どうも今の状況に甘えてしまい、自分が食っていくことだけに精一杯になっている自分がいる気がするんです。やりたいことやったり言いたいこと言ったり・・・。気がつけば我がのことばかり考えてしまっているんですね。(もちろんそんな、“人を食わせる”なんて大それたことを言いたいんじゃありませんよ。)

 そもそもスポーツという存在は、そこに関わるすべての人たちが幸福の実現を果たすためにあると考えられますよね。だからみんなでHappyになることを考えなきゃならない。そう、明日の生活が保障されていないプロスポーツ界に生きる人間として(例え端くれでも)、そんなスポーツを媒体としながら「みんなで食っていける」ことを考えるべきなんです。
 しかしそんなこと“上の人”が考えることだとして、僕自身は全く考えたことがなかった。みんなで「飯を食う」ことなんて・・・。もし、今回そういったことを考えず、理解しないままだったら、おそらく自分の心地悪いことには文句ばかり言い、そして他人の悪いところばかり注目し、批判し、足を引っ張ることばかりしてしまっていたでしょう。最悪の場合、僕なんかの立場でもそんな言動が人を不幸にしかねないとも思いました。

 もちろんすべての人が100%満足し、100%幸福な状態になるなんて不可能に近い。でもそこを追求し、多くの人がバランスよく満足し、幸福な状態になるように、そこに関わるすべての人が(上も下も、規模が大きいも小さいも関係なく)心がけなくてはいけないっていうことを感じた次第であります。
 僕は幸いにもサッカーで飯を食わせてもらっています。でもそれは僕だけではなく、僕の身の回りにいる人みんななんです。そのことを頭では理解しているつもりでも、本質は理解できていない。そう感じる今日この頃です。みんなでHappyになることの本質を問いながら、日々行動していきたいものです・・・。(言葉で表現するのは難しい・・・。わかりづらかったらすいませんm(_ _)m)

c0055009_21283659.jpg
追伸:
今日、長居スタジアムで高円宮杯U-15大会の関西予選決勝が行われました。我らがサンガジュニアユースは惜しくも敗れてしまい準優勝でしたが、W杯も行われたこのスタジアムで思いっきりサッカーが出来る彼らが羨ましく思えました。それと、このブログをU-15の選手たちが発見したらしい。リョウ!ショウタ!読んでますか?次も良い試合できるよう頑張ってや!!
[PR]
by ynikki | 2005-11-06 21:46