「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新幹線の車窓から

みなさんこんにちは。梅雨が開けた早々に台風接近みたいですね。関東では震度5強の地震がありましたが、震源地だった千葉県北西部は僕が育った地域なんです。かなり心配ですが、今僕が向かってる先も千葉県。台風と余震、不安ですわ(>_<)気を付けていってきます。

Koelnさん、10時間にもおよぶ面談、本当にお疲れ様でした!その大変さは僕にはまだ想像できませんけど、指導者として選手や保護者への責務を果たす姿を、自分にきちんと刻んでおこうと思います(T_T)ドバイで一儲けもだいぶ惹かれますけど・・・。

さてKoelnさんのお話にもあった通り、今回京都を離れて各地に行くのは育成部の各カテゴリーにサポートするためであります。微力ではありますが、自分に出来ることを精一杯やってこようという意気込みでいます。その上で何か自分にとって学習できるものがあればよりよいと思います。

ところでサッカーなどの団体スポーツは、よくパズルに例えられます。いろんな形の個性を持ったパーツ(選手)が合わさり、それがかみあうことで一つの作品(チーム)がすばらしくできあがるわけですね。

僕としては今回チームに関わる者として、ちっちゃいものの、パズルの1ピースとしてお役に立ちたいなぁと考えています。どんな1ピースになれるかわかりませんが、選手や監督がサッカーに集中できるようにしたいですね。

まあそんなことをふと思いながら新幹線の車窓を眺め、グッと気合いをいれているのでした(^^)

また皆さんの夏休み情報聞かせてくださいね。それではまた!
[PR]
by ynikki | 2005-07-25 13:28

夏男

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?テストやらレポートやらで大変かと思いますが、「今やらなくちゃいけないこと」だと思いますので、全力尽くしてみてください。僕は大学時代、これでもほとんどフル単でした。京都の学生は「フル単」っていうの?その年履修した授業を落とさずすべてとることですけど・・・。どうなんですかね?
でも唯一落とした授業が「手形小切手法」という授業。いまでもややこしくて内容は思い出せません。先生もまた面白くない話し方しはるんで、途中でギブアップしたことを覚えています(笑)。

さて、福田拓哉さん、誕生日おめでとうございます!ちょっと遅れてしまいましたがよこたにっきを利用してお祝い申し上げます。7月生まれということで「夏男」。勝手に今日の題名にしました。これで26歳、僕と同い年。うふふ・・・(^^)

大学時代、26歳なんてだいぶ年上で大人な感じでした。それがもう・・・。
でも実際に自分がその年になると、中身は何も変わっていないと感じます。いつまでも大人になりきれないのではないか、なんてさえ思います。これでも成長しているのかな?まあ日々頑張りながら、気が付いたらだいぶ前に進んでた・・・、なんて具合になっていたら良いですね。

皆さんは夏休みどうされるんですか?僕は来週から千葉、福島×2、南草津と京都にほとんどいない生活になりそうです。でもとても楽しみです。千葉&福島はユース、ジュニアユースの遠征や全国大会にサポートに行き、南草津と書いたのはカレッジの合宿のことです。一日一日命一杯仕事しながら、気が付いたらいろんなこと学んだなあ、なんて振り返られたら良いと思っています。

それでは良き夏休みをお過ごしください。僕も頑張ります!
[PR]
by ynikki | 2005-07-23 19:42

教員免許状取得!?

 みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?いよいよ梅雨が明けました。「いよいよ」とは言ってもあまり梅雨らしく雨がシトシト降ったという感じではなかったですね。急に暑くなりましたので熱中症にはくれぐれも注意しましょう!

 さて、今日午前中に教員免許の申請に行ってきました。なぜ今頃に?って思われるでしょうが、いろんな事情が重なって今回、ようやく免許状の申請に行くことになったんです(泣)。

 今回触れたいのはそのことではなく、申請の際に簡単な面接をされることになり、そこでのエピソードをお話したいと思います。

 教育委員会の先生と1対1の面接。合否を判定するものではなく、僕の意思や態度を見るといった目的のものらしいです。
 高校の公民科の免許申請でしたので、やはり聞かれたのは「公民科の教育目標とは?」でした。でも僕の回答はもちろん「わかりません。」相手は鳩が豆鉄砲食らったような顔していて次の質問に出てきた「公民科は大きく分けていくつか内容が区分けされるけど・・・」といった基本的な内容も「わかりません。」と答えたものだからだいぶ度肝抜かれていました(苦笑)。公民科なんてだいぶブランクありましたけど、これはだいぶ恥ずかしかったです・・・。

 でもそこで思ったのが、「じゃあ教育自体の目標って何?」ということ。公民科の目標ももちろん大事です。それは教免を取る以上知っておく必要がある。しかしその先にあるものも意識する必要がありますよね?いくら教科教育の勉強をしたといってもそれだけでは足りないことを忘れたくないなって感じました。

 さらに「最近の子どもたちの学力低下についてどう思われますか?」という質問が飛びました。僕は「学力低下って何を持って学力低下って言うかわからないので・・・」と答えました。
 学力低下ということで、過去と比較したものか海外と比較したものかよくわかりませんが、日本としてそれは大きな問題なのかもしれません。低くなり続けることは悪いと思いますけど、でも低下したらなんなのか?
 結局は目の前にいる子どもたちがよりよい成長を遂げること、そして子どもや彼らを取り巻く人々が幸せになってくれることが究極の目標だと今の僕は考えているので、そこに照らし合わせるとなんだか学力低下ってそんなに重要じゃないんじゃないかって思えてきたんです。学業も子どもたちが幸せになるための一つの手段にすぎないのではないだろうか・・・。

(でも僕自身が勉強不足で「学力低下」の本来の意味を理解していないのでこれらの意見はだいぶ逸れてしまっているかもしれません。だから簡単に聞いといてくださいね。)

 勉強について深めるなら塾に行けばいいし、スポーツならクラブに行くなど、個人に合った方向性に一人一人が向かえることが良いと、最近僕は思うようになっています。学校というのは学業はもちろん生活面や人格形成において様々な影響力が多分にある。ですから子どもたちはそこでいろんな「きっかけ」をつかんで、一人一人がふさわしいものをいろんな方法で深めていけば良いんじゃないかなって感じるんです。学校はいろんなことをやりすぎなのかな?学校で全てをまかなおうと思っても難しいと思いませんか?学力低下ですけど、学力をより高めたいと思えば塾に行けばよくないっすか・・・?勉強が苦手な子もいますし、そんな子達を「学力低下だ」なんて縛り付けるのはなんだかかわいそうな気がします。もちろん最低限の知識などは必要でしょうけど。

 まあそれもこれも子どもたちをより幸せな状態にしたいという目標があるわけで、要するにそこから「学校の役割」っていう部分を考え直さなければならない時代にあるのかなって思います。

 なんだかいろいろと考えさせられた面接でした。もちろん僕の公民に対する勉強不足もはっきりしましたけど(>_<)

 ちなみに最後にその面接官の先生には「君の望むような方向に進めることを祈っていますよ」なんて嫌味っぽく言われました。要するに教員になるつもりないんだろ?見たいな言われ方でした(ムカッ)。その言われ方に腹が立つ・・・。

 まとまらない話ですいません。うまく伝えられていない気がしますので、もし間違いや偏見、その他おかしな表現がありましたら、訂正しなければならないので言ってください。そしてご意見の程もよろしくお願いしますm(_ _)m

PS:免許状はそれでも取れそうです!こんなんでいいのかな?良くないですよ~。真似しないでください(笑)。
[PR]
by ynikki | 2005-07-20 21:55

社会人になって・・・

みなさんこんにちは。試験は大変かと思いますが、最後まで頑張ってのりきってくださいね。僕は二度と試験なんて嫌ですけどね。でもまたどこかで試験と出会うような気がします(>_<)

さて、今日はちょっと社会人になって感じたことを書きたいと思います。ひょっとしたら皆さんにとってはすでに当たり前のことかもしれませんが、僕にとっては改めて感じたこととして自分に刻んでおきたいと思いましたので、お付き合いいただけたら幸いです。

今まで何度も書いたように幸運にもJクラブに所属しています。しかし就職先はどこであっても給料をもらう社会人として、僕は今とても貴重な社会経験を積んでいるような気がするんです。
最近特に、○○のようになりたい、と思うことがいくつかあります。

①決断力を身に付けたい
⇒どうしても自分の感じたことや決めたことに対して自信を持てずに、他人に頼ることがよくあります。しかし、勇気を持って自分で決断しなくてはならない瞬間が多々あるわけです。結果がどう転ぶかわからず、どうしても慎重になりすぎてしまうので、これは改善したいですね。
②面の皮が厚くなりたい
ついつい自分の感情などが表情に出やすいんですよね。これは組織の中でマイナスのようです。やはり周囲の人も巻き込んで、悪い雰囲気にしがちですからね。さらに僕は愚痴や文句が口をつきやすいので、そこの部分も改善したいです。
③優先順位をきちんとつけて、今やるべきことは何なのか常に見極められるようになりたい
いろいろとやらなければならないこと、やりたいこと、やった方がいいことなどたくさんあるわけです。でもそこに優先順位を上手につけて、ソツなく仕事をこなせるようになりたいですね。決して特別すごいことを成し遂げられるような自分ではないので、せめてやるべきことはきちんとこなせるようになりたいです。自分の役割とは何なのか考えながらね。これはまだまだです・・・。

恥ずかしながらこんなことを僕は考えたりしています。皆さんもそれぞれにいろんな思いがあると思います。自分の課題がいつ改善されるかわからないものの、常に「改善したい」という意識だけは持ち続けたいですね。

ちょっとつまらない話だったらすいません・・・。自分の現状を分析し、理想に近づけるためにはより頑張らなくてはならないと改めて感じたんで。さあFightです!前向きに明日も頑張ろう!
[PR]
by ynikki | 2005-07-17 23:22

CS講義7.14

みなさんこんにちは。今日はとっっっても暑かったですね~(泣)。クリニックでは子どもたちも大変でしたが、僕らコーチ陣もへばってしまいました・・・。暑さ対策は綿密にせにゃなりませんわ。

さて、昨日の講義はKJ法を使ってコンセプトワークを行いました。そういったものが「コンセプトワーク」というものかどうかすらわからないのですが、とにかくCS生の皆さんがどんなことを考えてカレッジに参加しているのか、どういった目標を描いているのか整理して欲しかったのです。3つのグループに分けていろんなことを話し合ってもらいました。

講義の内容とは逸れてしまいますが、僕の感想は「学生がうらやましい」でした。今までCS生同士でディスカッションする機会が少なかったので、グループとしての交流がありませんでした。それなのに時間を設けたら、スッと打ち解ける。子どもと違って当然お互いを尊重しあいながら話をすることを楽しんでいるんですね。

これが僕だったら、様子をうかがいながら、自分はどう食い込んでいくか構えてしまうでしょう。皆自分の未来に向けてモチベーションも高いですし、積極的。ひたむきに向上しようとするCS生の様子を眺めながら、それに刺激を受け、僕も「よっしゃ、がんばったろか~」って思いました。

そして昨日は前半戦最後の講義でしたので、学生の皆さんは試験後、夏休みなんですよね?いやあ、うらやましい。夏休みのある学生時代に帰りたい・・・。
(結局うらやましいのはそこかい!って感じですね・・・笑)

みなさん夏休みはどうされるんですか?
[PR]
by ynikki | 2005-07-15 21:57

人付き合い

興人、書き込みありがとう。一年待ったで(笑)。

ちょっと人付き合いについて思い出したことがあるので書いてみます。

僕も大学時代はほんまに仲の良い友達(自分のことを理解してくれている人)としか話せんかったです。今でもその傾向はありますが、どうしても人の目が気になるんですね。ちょっとかっこ悪い言い方をしますが、人が自分のことをどう思うか怖いわけです(>_<)

でも大学院時代に否応無しにいろんな人と出会う機会があり、その中で自分で苦手意識を克服するために失敗を恐れず話しかけていきました。今回興人がよこたにっきに勇気を振り絞って書き込んでくれたようにね(笑)。いまだに上手ではありませんが、話しかけていくことで自分のことをわかってくれることもありますし、慣れないうちはしんどいですが、それも少しずつできるようになっていくのかなって僕は思っています。

興人としては、「自分は人付き合いがうまくなりたい!」と思い始め、それに対して意識しているということは克服へのスタートラインにたっているってことじゃないですか?(「スタートライン」って金八先生の主題歌みたいやな・・・笑)
まあ僕も意識していることですが、人付き合いがうまくなるためには、まずは多くの出会いが必要になるよね。自分の社会を広げる心がけ・・・。お互い頑張ろうな!

皆さんは人付き合いの際に、気をつけていることとか面白エピソードとかありますか?

PS:京都の人は「本音と建前」の区別が得意ですから、うまく付き合っているように見えてもほんまのところはどうなのか、なかなか見えないのが大変です(笑)
[PR]
by ynikki | 2005-07-14 09:55

健康診断

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?今日も暑い一日でしたね。いよいよ梅雨明けでしょうか?でもまた今週末雨みたいですね・・・、どないやねん(>_<)

さて、今日健康診断に行ってきました。Tディレクターからの勧めもあってサンガスタッフのほとんどが受けに行っています。そしてまずは結果から言いますと「異常なし」。ちなみに僕は気が小さいので、もし何か異常があったら相当ショックを受けていることと思います・・・。

で、なんと2つ良いことがありました。それは以前から貧血だったのですが、それも知らぬ間に解消していました!(まあこれはたいしたことではないですね。)
そして二つ目は、身長が伸びてました!これはびっくり。担当の方があまり僕の頭を押さえつけなかったこともありますが、それでも以前より約1cm伸びてました。これは嬉しい!僕にとってはこの1cmが大きいんですよ!!

さて問題です。僕の身長は何センチでしょうか?ヒントは1cmが大きいことです。

というわけで、朝6時40分に家を出発、木津にある病院に8時到着。健康診断が終わったのは午前11時。健康診断のためにだいぶ労力を使いました。健康を維持するために疲労しています。これってどうなんですかね・・・。チャンチャン。
[PR]
by ynikki | 2005-07-13 20:37

気持ちの切り替え

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?すっかり更新が遅れてしまってもうしわけありませんm(_ _)m いまだに自宅PCのメンテナンスがうまくいかないでいます(ToT)

さて、カレッジの講義の際、「何でネクタイするん?」というご質問が飛びます。クールビズが流行しているこの世の中で、堅苦しいのではないかとご意見いただきます。確かにそのとおりです。

じゃあ理由としては、実は非常に単純なのですが、気持ちの切り替えをするためなんです。最近はありませんが、日中はキャラバン等で「よこよこコーチですっ!!」ってはしゃいでおきながら、夜には学生の皆さんの前で、学問的な話や複雑な話をしなければならない。気持ちの切り替えが下手な僕としてはとても難しいと考えました。せめてネクタイでも締めたら何となく気分がシャキッとするというか、カレッジモードに切り替えられる気がしたんです。

そんな単純な理由でした(笑)。皆さんは日頃、ONとOFFの切り替えみたいなことはどのように行っていますか?ぜひとも聞いてみたいものです。「こんな時、こうしてます!」みたいなお話聞かせてください。

PS:ふう、カレッジの講義も早、前半戦が終了しようとしています。今年も時間が過ぎ去るのが早いなあ・・・。1期生の皆さんは夏休みどうするん?まさにOFFやけど(^^)
[PR]
by ynikki | 2005-07-12 21:59

CS講義7.7

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?今日は梅雨の合間の非常に暑い一日ですね。体調にはくれぐれも気をつけましょう。

さて、まったく意識していませんでしたが、昨日は七夕だったんですね。皆さんはお願い事とかしたんですかね?タレントの千秋さんは「阪神優勝」って毎年書いているらしいですよ。一方、京セラ名誉会長の稲盛和夫氏の退職金は6億円!!いったい七夕には何をお願いするんでしょうね?稲盛さんなら世界平和も十分かなえられそうな気がします・・・(・o・)

昨日は藤ノ森小学校の山下先生に講義をしていただきました。ご自身の教員としてのご経験談から、今の子どもたちの様子を、僕らにもわかりやすいようにお話してくださいました。先生、本当にありがとうございました!
そのお話の中で特に印象に残ったことが二つ。一つは「子どもに100のことを教えたければ、指導者は150のことを考えなければならない」ということ。これは納得させられました。大人として一言で済まされている現象でも、それを子どもに伝える場合には何倍にも噛み砕き、またその噛み砕き方を深~く考えなくてはならない・・・。
二つ目は今社会的問題として取り上げられている学級崩壊や少年犯罪について。メディアの影響も手伝ってか全国の小学生が危機的状況にあるような印象を我々は受けてしまっています。しかし、先生から言わせると「そんなことはない。(他の学校の事はわからないけれども)昔に比べて変わったのは子どもではなく、大人の方じゃないかな?子どもは今も昔と変わらず純粋ですよ。」と。
なるほどなあ、子どもに対する大人の接し方や子どもの言動の一つ一つの受け止め方が変わってきているから、なんだか子どもが変わった気になるのかなあ、なんて感じました。

今回なぜ小学校の先生をお呼びしたかというと、日頃僕らサッカーの指導者というのは一人の子どもと接する時間は一週間のうちでごくわずか。子どもはサッカー以外に様々な環境から影響を受けており、特に学校社会からの影響は強いわけです。僕ら指導者としては子どもたちに接する以上、少しでも学校の状況を知っておけたら、何らかのプラスになるのではないかと思ったんです。

いやあとっても有意義な時間でした。山下先生はお急がしい中をぬって我々サンガカレッジのために来ていただきました。そのことだけでも指導者として尊敬すべきであると感じます。私たち後輩のために・・・。

CSの講義は来週が最後でいったん夏休みに入ります。合宿は立命館大学BKCにて8月30日、31日、1日に行うことがほぼ決定しております。もしご都合がよろしければ1期生の皆さんも覗きにきてください。それでは!

PS:しゅうじ、俺もHTAとCSが交わる時間を多くしたいと思っています。イベント班としてなんか企画してや!ぜひ、盛り上がる企画を!!
[PR]
by ynikki | 2005-07-08 17:47

カレッジがスタートした気分

みなさんこんにちは。今年もメディア班が掲示板を作ってくれました。その中のメンバーの書き込みを見ていると、学生であることの羨ましさと共に、じわじわっと今年も始まった事が実感されます。わても負けられまへん(^^)

で、只今自宅PCが不具合のため更新が滞っています。書き込みの頻度が落ちることをご了承くださいm(__)m

さあ、今週も頑張りまっせ!
[PR]
by ynikki | 2005-07-04 21:22