excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

マイペースって?

みなさんこんにちは。じゅんすけ君、20歳そこそこで運動不足はやばいで(笑)。カレッジ生で最低でも月1から2回集まれるスポーツサークル作るか?フットサル、野球、ボーリング、ビリヤードなどなど・・・。どれくらい皆集まってくれるかな?ちょっとリサーチしてや(笑)。

さて、運動するもしないも、社会人になってしまっては誰に何を強要されるわけではないので、自分のスケジュールにあわせて行わなければなりません。当然ですよね・・・。

よく「マイペース」っていう言葉が使われますが、本来の意味って何なんでしょうね?ときどき「性格的に周りの状況や人にあわすことが出来ない」といったちょっとネガティブな意味で使われます。
でも僕はマイペースって言うと結構良い意味で捉えることが多くて、特に最近は「自分のやるべきことに没頭する」ということで、本来の意味からはだいぶ逸れてしまうかもしれませんがそんな感じで自分の中で勝手に捉えています。要するに「マイペースで頑張る」みたいな感じでしょうか?

また、例えば「他人に流されず、自分の道を進む」みたいな感じで捉えることもあります。進学や就職活動の時など、僕は結構他人の状況が気になって自分のやりたいことや信念などに揺らぎが生じたりしていました(今でもだいぶそういう傾向があります・・・)。
僕はあらゆる物事に対して、一人ひとり違った「タイミング」があるような気がします。進学するにしても就職するにしても、その人がとある状況に巻き込まれるのはそれぞれのタイミングだと思うんです。そういうのは「人生のサイクル」とか何とかって言うんですかね?
だからどうしても他人に影響を受けやすい僕としては、他人の状況に惑わされて慌てることなく「マイペース」に自分のやるべきことをやっていきたいなあ、と常々思っているんですわ。

他人から受ける影響はとても大事です。しかしそれも「マイペース」があって、そこに好影響をうける必要があるというだけで、惑わされたり慌てたりすることには注意が必要なんですよね。

皆さんも慌てずじっくりと「マイペース」に進んでいきましょう。僕は「マイペース」という言葉結構好きなんですよ(笑)。


最後に、京都ドイツ文化センターというところで『サッカー・世界の共通語』という写真展を開催しています。詳しくはコチラ。
http://www.goethe.de/ins/jp/kyo/ja397403.htm
また、どんな写真かはコチラから見れます。
http://www.goethe.de/kug/prj/tor/mag/aus/au1/jaindex.htm

それではまた!
[PR]
by ynikki | 2005-05-31 22:09

運動不足解消か・・・?

みなさんこんにちは。今週末は天気もよくとても暑い日々でしたがいかがお過ごしでしたか?僕は今日一日、身体を動かす機会に恵まれ、これを書いている今は体中に乳酸が蓄積している感じで疲労困憊といった具合です・・・(>_<)
今日改めて感じたのは、運動不足であった自分と共に、サッカー下手やなあという自分です。大変お恥ずかしいお話なんですが、僕はこれまで自チームで完全にレギュラーになったことはほとんどありません(泣)。特に不真面目だったわけではないのですが、今思うと努力も根性も足りなかった気がします・・・。情けないですね。

まあ、今日はそれについて詳しく言うよりも、ちょっと思い出したことがあるのでそれを書こうと思います。それは高3のころだったと思いますが、将来の進路について考えていたときです。先日お伝えしたとおり大学への推薦入学が決まったころ、僕は大学在学中、もしくは卒業後ドイツへ行きたいと漠然と考えていました。コーチになりたいこともおぼろげながら自分で気づいていましたが、そのためにどうしたらよいのかは全くプランはありませんでした。

そんな時とある高校の先生とお会いし、自分の将来の希望を伝える機会がありました。するとその先生は僕に筑波大学の話を紹介してくれたんです。その先生も筑波出身だったこともあって、「ドイツへ行く前に日本で出来ることがまだまだある」とは直接言われませんでしたが、なんだかそんな意味合いで僕は受け取ったんですね。それから筑波でサッカーの勉強をしようと心に決めたのをよく覚えています。Jリーグに入ることなんて夢のまた夢である状況で、僕がサッカーの世界に通じていくところに一筋の光が見えた気がしました。

また、その先生に「大学ではサッカーをしない」ことを考えている旨を伝えました。今思うとなんでそう考えていたのかよく思い出せないのですが、あまり自分がプレーすることにおいて、それまでに喜びや楽しさを感じて来なかったのかなあ、なんて今では思っています。
話を戻しまして、そんな気持ちを伝えたらその先生は「やはり指導する上で、選手経験はとても重要。例えば入学前に大学のサッカー部に連絡を入れるなどして、積極的にやる位のほうが良いよ。」とか何とか言われた気がします。そんなアドバイスにしたがって大学でも体育会に入りサッカーを続けるようにしたのであります。今思うと辞めなくてよかったなあ、と思います。やってない状況を想像するとゾッとします・・・。

以外に思われるかもしれませんが、こんな感じで、サッカー漬けといった感じではまったくありませんでした。今でも僕はとっても後悔しています。もっともっともっともっと自分が成長するために、考えてサッカーをやっておけばよかったと・・・。サッカーが下手なことがとても悔やまれるんです・・・。

おっと、だいぶ長々とネガティブな話になってしまいましたね。重要なのはこれから先ですから、度合いは低くとも、ちょっとずつでもサッカーがうまくなりたい!と思っています。11人でのサッカーをしたいなあ。ふっと休みが出来たときに入れてくれるチーム誰か紹介してくれませんか?(笑)。
[PR]
by ynikki | 2005-05-30 00:04

明日があるさ!

みなさんこんにちは。「そろそろカットし頃さん」の言うとおり、話のオチって絶対条件じゃないかもしれませんね。第一は相手に伝わること、そして問題となるのは伝え方であってオチが必要なわけじゃないのかもしれませんね。オチ云々もそうですが、ある一つの話題を魅力的に話をすること、そこから相手に伝わる伝わり方も全然違うと考えると、日常会話から修行やな、なんて思いますわ。頑張りましょう・・・。68点かあ・・・。

さて、今日友人の結婚式に出席してきました。その友人は僕の高校の同級生で、僕が親友と呼べる数少ないうちの一人です。今思い返してもなんで仲良くなったのか全く思い出せないのですが、縁があるっていうのはこういうことなのかなと感じさせられる友人です。
彼の個人的なことですので詳しくは言えないのですが、彼はこの日を迎えるまでに本当にいろいろと大変なことがあったんです。僕なんかはそれを冗談でからかったりしてしまっていましたが、彼はそんなつらさを全く表に出しませんでした。もともと感情が表に出るタイプではないので、僕らもそれほど彼のつらさを感じてはいませんでした。

そして、今日。彼は披露宴の最後で涙しながら我々出席者に御礼の挨拶をしました。涙なんか流す姿はこれまで全く見たことがなかったので僕はびっくり!
そこですぐに感じたことは、この日に至る過程で、本当につらいことがたくさんあったんだなあということでした。おかげで僕は危なくもらい泣きしそうでしたが・・・。

彼にとって、今日結婚式を迎えられたのは、これまでのつらい出来事があったからこそではないか・・・。これまでの出来事があったからこそ、今日があり、今後より幸せな方向に向かっていける・・・。実際に彼がそう言ったわけではないので、彼の本心はわかりませんが少なくとも僕はそう考えました。また、そう考えるようにしたいなあと思いました。

すべては明日のためにあるんだ、なんてクサイ事を感じた今日の結婚式でした。そういえば昔、中田英寿選手がHPでこんなことを書いていたのを記憶しています。

   良いこと、良くないこと、成功、失敗・・・。
   すべてはその人の人生の糧になるんだよね。
   もちろんその場その場で失敗と思うこともあるだろうけど、
   大きな目で見たらすべては成長するためにあるんだから・・・


今日が明日の糧となること、また、明日の糧となるよう今日しっかり学習できることを願うばかりです・・・。
[PR]
by ynikki | 2005-05-28 21:20

笑いのツボと話のオチ<続編>

みなさんこんにちは。たくさんの書き込みありがとうございます。Kawakawaコーチは久しぶりですが、いかがお過ごしですか?滋賀の子どもたちをベリーハッピーにしてくださいね!

さて、Kawakawaコーチからの話にもありましたが、僕が数年前に出会った指導者の方の中にも、明石家さんまさんから学んでいるって力説されている方がいらっしゃいました。実際に何から学ぶにしても、日常生活において学べる教材は意外とあふれているのかなあ、なんて感じたのを記憶しています。

僕は福田と一緒にサンガカレッジの希望者面接をしていく中で、とても勉強になったことの一つに、僕らが聞いていることに対して相手がきちんと答えているかどうかをよーく観察する、ということがありました。その影響か、日頃テレビのトーク番組なんかを見ていても、このタレントはチャラチャラしている割には受け答えができているなあ、なんて思ったりしています。
だからといって僕自身できているかどうかはわかりませんが、極力話の中で、話している内容や質問に沿って発言しているかどうか、確認しながら話すようにしているつもりなんです。でもかなりトンチンカンな受け答えをして、相手がだいぶ困惑している表情もよく目にします(泣)。Try&Errorでいつかうまく受け答えできるようになるかなあ・・・。

また、たとえば子どもたちに何か問いを投げかけたときに、ちょっと逸れた回答が出てきても、(それを頭っから否定するわけにはいかないので)うまく肯定できる部分を見つけながらやんわりと訂正するようなトーク技術も身につけたいなあとも思っています。

会話のキャッチボールって難しいですね、相手があることですから・・・。
基本的に僕は話をするのは嫌いではないので(得意ではありませんが)、年齢を重ねるにつれて絶妙のトークができる日を夢見ています(笑)。これってオチました?(^_^)
[PR]
by ynikki | 2005-05-27 21:50

笑いのツボと話のオチ

みなさんこんにちは。徐々に面白エピソードが集まってますねえ。しかしこれによってみんなで腹を抱えて笑えるってだいぶ良いよね(笑)。

さて、先日滋賀県高島市までサッカー教室に行ってきました。お昼からの出発で、前半が中学生、後半が小学生という流れでした。
僕は特別中学生を笑わせようとは思いませんでしたが、その後小学校4年生を担当して思ったのですが、笑いのツボって当然年代でも違いますよね。極端な話、幼稚園生には怪獣のマネでも笑ってくれます(笑)。ちなみに僕は、だれかが面白いことを言った後の周りの反応を見て可笑しくなります(笑)。みなさんの笑いのツボってどこですか?

また、こちら側が話し手の場合、考えるべきことの一つとして「オチ」ですよね。一連の話の中で落とし所がないと聞き手が疲れてしまったり飽きてしまったりしてしまう。でもそのオチが難しい・・・。あまり意識しすぎると、いやらしく聞こえて面白くないし、何も考えずに話をするのもちょっとつまらない。僕としては特に京都に住んで、関西在住となってからそんなことを考えるようになしました。いつだったかジュニアユースの中村コーチともそんな「オチ」の話にもなったことがあります。良いコーチの条件かもね、なんて。それからちょっとオチを意識しながら話をするようにしていますが、あまり面白くないみたいです(笑)。とあるカレッジ生に「横谷コーチはいつもしょうもないこと言っている・・・。」なんて言われてますから~。

みなさんの話のコツを教えてください。またそんなところでの面白エピソードを教えてください!
F氏どうですか?
[PR]
by ynikki | 2005-05-26 19:04

笑い

 みなさんこんにちは。つい先日ある人と話をしていて、その人とお互い共感した事がありました。

 それは、「最近腹を抱えるほどおもいっきり笑ったことってある?」ということでした。いやあ、思い返せばそんなことないなあと思います。年をとるにつれてか、純粋に笑うことができなくなっているのかもしれません。やばいなあ、おっさんか・・・。いやいやいや、僕はそんなことはないで!認めヘン!

 あっ!そういえば最近ありました!
 それは、サンガカレッジの面接でとある学生が、ネクタイをシャツの襟ではなく、首に巻いて面接に現れたやつがいました!そんでF氏と大笑い!今でも伝説として話のネタになっています。想像してみてください。ちゃんとスーツ着て、ネクタイも締めているのに、首に巻かれているんですよ(笑)。まあ彼の名誉のために言っておきますが、相当緊張してたようです・・・。

 ちょっと面白いので、最近笑ったエピソードを募集します。よこたにっきをご覧になっている方々、もしよろしければ面白エピソードを書き込んでみてください。それではお待ちしております!
[PR]
by ynikki | 2005-05-24 21:06

ターニングポイント

 みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?昨日サッカー教室のため京丹後市・弥栄町に行ってきました。天気があまり良くなくてちょっと残念でしたが、何とか最後までプログラムが進行できました。僕は5年生の担当ということで、野口コーチと共に奮闘しました。
 サッカー教室というのは単発のイベントであるため、当然子どもたちのサッカーへの意欲やレベルがどれくらいか全くわからない状況でスタートします。ですので、自分では細かく計画を練っているつもりでも実際にやってみたら、全く違うトレーニングメニューになることもしばしばです。柔軟性が問われます。昨日もパスのトレーニングをいろいろとイメージしていましたが、僕が伝えたいことの半分も伝えられませんでした。まだまだ修行が足りないということですね(泣)。
 ただ、昨日の反省点の第一は「サッカーが楽しい」と感じてもらうところに至らなかったかなって思っています。教えようとする内容に気が行き過ぎるあまりか、あんまり楽しんでもらえなかったような気がします。本来の目的といいますか、本質を忘れちゃいけませんね(苦笑)。コーチングは「本来その人が持つ能力などを最大限に引き出すこと」ですしね・・・。

 さて、みなさんにとってこれまでターニングポイントって思える出来事はありましたか?僕はと言いますと、大学に進学する際に縁あって都内の大学に進学できたこと、でしょうか。
 僕は高3の時、模試の判定ですべての希望大学が「E判定」でした。きっとそれを見て高校の先生方は僕が大学にいけないと思ったんでしょうね。当時からサッカーにかかわる仕事をしたいと思っていたのでスポーツ系の大学へ進学しようかなって思っていたのですが、先生方は推薦でいける大学を紹介してくれたのです。ただし「法学部」でしたけど。

 でも次の日に「行きます」と返事しました。単純に楽をしたかったんです、今振り返ると。しかし、その大学でサッカーをし、良き仲間に出会ったりし、結果的に改めて「コーチ」への道を志す決定的な進学になったのかな、と思います。いくら自分が目標とする方向性があり、そこに沿った道を進んだとしても、ずっとその道をまっすぐ進んでいると、いつか「本当にこれでよかったのか・・・」なんて迷うような気がするんです、僕の性格上。だからちょっと遠回りしましたが「法学部」に進んだことで改めて「自分の進みたい方向性がより明確になった」気がします。まあ、これが僕なりのターニングポイントの一つですかね。

 さあ、これからどうするか。僕は、自分で勝手にそろそろターニングポイントがやってくるのではないかと想像しています。また遠回りするかもしれませんけど(笑)。皆さんはいかがですか?
[PR]
by ynikki | 2005-05-23 11:01

人間としての魅力とは!?

皆さんこんにちは。いかがお過ごしですか?学年が進級してそろそろ慣れた頃かと思いますが、気を抜かずに頑張ってくださいね。

さて、皆さんは人間としての魅力って考えた事ありますか?僕が最近感じるのはどれだけすばらしい結果を残したり地位に就いたとしても、「人間としての魅力を持つ事」が究極の目標かな、なんて思うんです。自分の好きなことに向かうのも自分らしい魅力を持つことに向かってると考えることもできるのではないでしょうか?

先日Jヴィレッジに行った際に感じた事のひとつとして、自分がサンガのジャージを身に付けていなかったら、周りの人はどういうふうに感じ、接してくれるのかなということがあります。特に風呂場で裸の状態で人と話す時には何の後立てもないわけで、ある種一人の人間として勝負(話)しなければならないわけですよ。人としての魅力を持ち続ける事は自身の状況に左右されることなく勝負できるはずなのではないかと思いますがいかがでしょうか?

そんなわけで僕が今一番身近で影響を受けている魅力ある人物の後姿を撮影してみました。また皆さんの意見を聞かせてください。
c0055009_0225674.jpg

[PR]
by ynikki | 2005-05-21 00:22

じっと我慢。

みなさんこんにちは。いよいよサンガカレッジ2005、6月8日に開講いたします。メールがいったかと思いますが、1期生の皆さんにもぜひご出席いただき、昨年の経験やエピソードを伝えてもらえたらなあ、思っています。ぜひ積極的なご出席をお待ちしております!

さて、僕は我慢ができないせっかちさんです(笑)。すぐに結果を求めてしまい、じっと我慢しながら努力したり状況を観察したりすることが大変苦手です。
でもそんな僕も「我慢」しなければならないと最近感じているんです。先日も書きましたが今、決して自分の理想とする状況にあるわけではありません。でも誤解しないでください、今の仕事が嫌なわけではありませんからね。どんな人でも現状には満足しない、といった感じと似ています。

「我慢」と聞くと、今ある嫌な状況などに対して耐えることといった意味があるかと思いますが、今僕は我慢という言葉を「日々学習しながら実力を高め、じっくりゆっくりとチャンスを待つこと」として捉えようかなって考えています。今僕のやりたいことは今いる状況から少し離れたところにあり、正直焦る気持ちもだいぶあります。でもじっと我慢したい・・・。


我慢 【がまん】
>感情や欲望のままに行動するのを抑え堪え忍ぶこと。辛抱すること。


だそうです。僕はいつも父親からこんなことを言われていました(今もですが・・・。)
「一生懸命やることが大事。奢り高ぶること、文句を言うこと、嫌な顔をすることなどせずに、今置かれている状況の中で自分のベストを尽くすことが大事」だと。

これまでは自分の感情や欲望に左右されることが多かったように思います。要するに今でもまだ「子ども」なんです、僕は。でもそろそろ大人にならなければなりません。だから今はじっと「我慢」なんです。自分の目標に到達するために・・・。

PS:まあでも幸いなのは、今の仕事は楽しいということですね。十分我慢できる・・・かな。
[PR]
by ynikki | 2005-05-19 17:58

日本サッカー協会公認キッズリーダー・インストラクター!

みなさんこんにちは。福島と京都の気温の差に苦しんでいる横谷であります・・・。

さて、福島での研修会により、僕は「キッズリーダー・インストラクター」という資格を取得しました!簡単に言ってしまうと、サッカー人口、そしてスポーツ人口の裾野を広げようと今、サッカー協会はとても力を入れているところです。そのために、インストラクターを多く養成し、各地域でKIDS年代に対する指導を充実させようとする狙いがあるようです。

そんなわけで、以下のように認定書の写真を撮ってみました。一応横谷も頑張ってるんだぞっていうアピールをしてみようと試みたわけです。皆さんはいかがお過ごしですか?
c0055009_9335866.jpg

[PR]
by ynikki | 2005-05-18 09:34