「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

感受性

みなさん、半年間、ほんまにほんまにお疲れ様でした!!
CS、HTA、それぞれのプレゼン会、そして慰労会・・・。
(慰労会を仕切ってくれた藤井&松城ありがとう!楽しかったですよ。)
僕もだいぶ飲ませていただきまして、おかげで次の日仕事になりませんでした(泣)。
振り返ってみていろいろとあったなあと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
良いこと悪いこと、またいろいろとお話を聞かせていただけたら幸いです
(サンガカレッジ掲示板を利用して、書き込みをお願いします。今、振り返って思うことを。)
そこで今回は、半年間で僕が学んだことの一つを書きたいと思います。

 サンガカレッジで、僕は皆さんと接することで「自分も成長できれば」と思ってきました。
また、皆さんの中にも同じことを考えてサンガカレッジに参加されている方もいると思います。
 では、どうすればより大きく成長できるのか?僕の悪い癖で、どうしても他人と比較してしまい、
自分の力のなさにへこんだりすることが良くあります(笑)。
そうではなく、自身が大きく成長するためには、日々学習していくことが必要であり、
そんな学習の「度合い」を大きくするためには、ちょっとしたことでも「何かを感じる」ことが重要なのではないかと最近思うのです。
要するに、「感受性」が豊かであれば、ちょっとしたことからも何かを感じ取り、
そこから学習し、それが積み重なって、自分の成長につながるのではないか・・・。
僕はサンガカレッジに携わる中で、「感受性を豊かにしていきたいな」と思うようになりました。

ありきたりなことで申し訳ないのですが、改めてふとそのようなことを、
サンガカレッジが終わりに近づくにつれて感じていました。
皆さんがこの半年間を振り返るにあたり、もし何かの参考になったらいいなと思います。

最後に、改めて本当にお疲れ様でした。どうも「よこたにっき」は続くらしく、打ち切りにならないそうです。
越君、蛭田君、井上さん、長谷川さん、庄司さん、三野さん、今後ともよこたにっきの管理をよろしくね。
そして皆さん、よこたにっきに書いて欲しいことや情報を掲示板まで募集しますので、よろしくお願いします。それではまた!

編集者よりおわび。
ここしばらく写真が表示できないという問題が解決できていません。
決して横谷コーチのせいではありません。おわび申し上げます。
[PR]
by ynikki | 2004-12-15 01:35

謝罪文!?

まず、CSのみなさん、改めてプレゼンお疲れ様でした。
厳しい条件だったにもかかわらず、最後までファイトしてくれてありがとうございました。
また、HTAの皆さんは9日のプレゼン、頑張ってください。
楽しみにしています。

そして、よこたにっきへたくさんのアクセス本当にありがとうございます。
忙しさを言い訳にA更新が遅れて大変申し訳ない限りです(泣)。
 で、今回はちょっと路線を変えて、僕の家族を紹介したいと思います。
メディア班が作ってくれた名鑑のインタビューの中にも登場しているのですが、
我が家には「あんず(右)」と「かりん(左)」という双子の姉妹(ミニチュアダックス)がいます。
休日、家にいる時間は彼女たちをからかって遊んでいます。

 「うわぁ〜、横谷さん寂しい〜っ」って言う声がどこからともなく聞こえてきそうですが、
まあ彼女らに多くの癒しを与えてもらっていることは確かです。
彼女たちは生後約10ヶ月(人間の10歳くらい?)。
あんずは身体が大きく、頭がよいのですが逆にそれが災いしてとてもわがまま。
言うことをぜんぜん聞きません。
かりんは身体が小さく、かわいらしい反面、とても頭が悪く、これまた言うことを聞きません。

僕のポリシーとして、何事にも全力を尽くすということがあります。
今はまだ、時に文句や愚痴が出たりしてそのポリシーどおり行動は出来ていません。
しかし、常にベストを尽くすためには、どこで力を充電するか、
どのタイミングで息をつくか(抜くか)、とても重要だなあと最近感じます。
僕にとってはその役割を愛犬が果たしてくれているのですが、皆さんはどうでしょうか?
常に肩に力が入り続けていませんか?
忙しくしていること自体に充実感をおぼえてしまってはいけないと僕は思います。

以上、犬が言うことを聞かないのは、だいぶ「ナメられている」からではないかと、
最近気づき始めている横谷でした(>_<)?
[PR]
by ynikki | 2004-12-06 01:36