excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

努力は人を裏切らない2

インサイド班の皆さん、そして当日サポートに入った皆さん、
「クリニックフェスタ」本当にお疲れ様でした!
インサイド班のぐったり顔を見ていると、
ほんまにかわいそうになるくらい疲れたんやなあ、と思います。

 今回、「クリニックフェスタ」を企画する段階や
イベント当日の運営時にもいろいろと苦悩があったと思います。
川島のイベント終了後のコメントにも、「消化不良(不完全燃焼?)」
という言葉も出てきました。
(周りからみていた僕としては十分成功したのではないかと思いますが)
どうやらインサイド班の彼らの中では結果として、
満足できるものではなかったのかもしれません。
しかし、僕も福田も望むことは、
これまでの過程や出てきた結果に対して何を感じ、何を考えるのか、
そしてそれをどう今後の人生に活かすのか、というところです。
いつだったか、二人で以下のように話していた時があります。
「たとえイベントが大成功しても、個々人に何も残らなければ意味がないし、
極端な話、イベントがうまくいかないことから、
カレッジ生たちの中に何か糧になるようなものが残れば、
それはそれで一つの成功である」と。

僕は本当に「努力は人を裏切らない」と思っています。
そして今回、インサイド班のみんなが行ってきた「努力」が
いつしか報われるのではないか、と信じています。
インサイド班の皆さんは今、何を思い、何を感じていますか?
もしよければ、ふと時間があるときに振り返ってみてください。
まあなんにせよ、ほんま君たち、よお頑張った
[PR]
by ynikki | 2004-11-25 01:37

ポッキーの日”だった”

先週、11月11日はポッキーの日でした。
それにちなんでHTAのミーティング中、ポッキーが行きかい、
皆さんでおいしくいただきました。
 で、僕はそれを利用し、「ポッキーの日」という題でよこたにっきを書こうとしたところ、
なんと、1週間経ってしまいました。
ですので今回のお題は『ポッキーの日“だった”』でいきます(泣)。

 ところで、よこたにっきが何と500アクセスを突破(拍手)。
まさかこんなに見て頂けるとはビックリです。
ですが、500アクセス突破の嬉しさと共に、大きな問題が発生しております。
それは最近多方面から「更新はまだですか?」の問い合わせ・・・。
いやあ、プレッシャーかかりますわぁ。
ちなみに僕はプレッシャーに弱い男でして、練習で良いプレーをしても試合でてんでダメな選手でした。
でもよこたにっきは頑張ります(笑)。

 最後に、皆さん、大西さんへのメッセージありがとうございます。
引き続き(または再び)書いていきながら、
大西さんを少しでもサポートできればいいかなと思います。
 サンガカレッジも架橋です。日々学習しながら、
前向きに頑張っていきましょう!

PS:もちろん僕自身が200/500アクセスしているわけではありませんのであしからず・・・。
[PR]
by ynikki | 2004-11-19 01:38

努力は人を裏切らない

アウトサイド班の皆さん、改めて「大風流」の成功おめでとう!本当にお疲れ様でした。
あまりの盛り上がりのおかげで(?)わたくし横谷はお手伝いという名目で
存在したにもかかわらず、思いっきり観客として楽しんでしまいました・・・。
 これまで、川本をはじめアウトサイド班の努力には本当に脱帽でした。
そしてまさに努力の賜物といったイベントだったと思います。

で、その最後の集合時に一つ印象的な事がありました。
それはアウトサイド班メンバーの口々から出てきた「力になれなかった」、「迷惑をかけた」という言葉です。
 確かに本人たちにとっては本当にそう感じているのでしょう。
しかし、彼らの心理としては「もっと良いイベントにしたい」
「もっと役に立ちたい」という気持ちが普段から強く、
それが最後の集合時の言葉につながったのではないかなと分析しました。

 なぜならば、イベントは成功したからです。
福田はイベント後に「小さくてもみんなの努力が集結することで大きな成功を生んだんだ」と言っていました。
アウトサイド班が個々に置かれている状況は当然異なるわけで、
できることは一人一人異なります。
しかしイベントが成功に終わったということは
個々の「できる限りの努力」が集結したと考えるべきであり、
それでも彼らの口からまだ「力になれなかった」という言葉が出てくるということは、
それだけ「良くしたい」「役に立ちたい」気持ちが
強かったのではないかなぁ、と僕は感じました。
皆さんはどう思いますか?

PS: いやあ、しかしリズム感って大事やね。
せっかくステージに上がって気持ちよく踊ってたつもりなのに、手と足がバラバラやったってさ。
カッコわる・・・(>_<)。
[PR]
by ynikki | 2004-11-08 01:40

応援要請!!

こんにちは。今回は皆さんに応援を要請いたします。
というのは、CS生である大西さんが現在、ひざの怪我のため手術を行い、
入院しているためです。
ご自身はおそらくいろいろと大変な思いもしてらっしゃるでしょうし、
今回このように「よこたにっき」に掲載することに気分を害されてしまうかもしれません。
 それでもこのように皆さんに応援要請しようと思ったのは、
僕も大学時代、怪我をして手術、入院をした経験があり、
その時に友人たちの励ましが何気にうれしかったことを記憶しているからです。
僕から大西さんに対して、たいしたことはできないのですが、
もしサンガカレッジの皆さんのメッセージに少しでも喜んでもらえたらいいなあと思い、
彼女に許可をいただいた上で載せる事にしました。
サンガカレッジの皆さん、入院生活とリハビリに励む彼女にメッセージをお願いします!
そして大西さんの一日も早い完治を、心よりお祈り申し上げます。
(メッセージはCSの掲示板へ!)
[PR]
by ynikki | 2004-11-01 01:40