excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 05月 07日 ( 1 )

ドイツ滞在記Ⅱ!!

 みなさんこんにちは。舞ちゃん書き込みありがとう。元気そうで何よりです。最近書き込みが少ないのも「更新しないからだよ!」とF氏に指導を受けました・・・。頑張ります(泣)。
さて、ドイツ滞在記もとうとう最終回を迎えました(笑)。だって、1週間の滞在で行ったことはケルンとメンヘングラッドバッハに行っただけだもん(逆ギレ)。・・・、今回は滞在記というか、少し僕の目標と重ねて感じたことを書きたいと思います。

 そもそもドイツにあこがれたのは、キャプテン翼の若林源三君がドイツに留学する場面を読んでからでした。主人公の翼君もブラジルへの留学を夢見て奮闘するわけで、僕はこの漫画に刺激を受け、海外に憧れを抱くようになったのです(本当です・・・笑。)これまでずっと、海外に行けば何かあるもんだと思ってきました。そして今回、ずっと行きたいと思っていたドイツへ行き、初めて「自分の進路」という視点で渡独したんです。

 結果は・・・、なんとなく気持ちにモヤがかかった状態で帰国しました。もちろん、ほんの一瞬垣間見ただけでドイツでの生活の魅力はわかりません。行ってみたら当然すばらしい経験が出来る可能性があるでしょう。でも行くことだけを考えていた自分に気づいたと言うか、行った先どのようなことが出来るのかイメージが全然湧かなかったんです。情けないですが、不安な気持ちがジワッと広がっている感じがしています、正直・・・。

 ところで突然ですが、最近感銘を受けた人物が3名います。一人目はNBA のオークランドゴールデンステイト・ウォーリアーズのダンスチームに所属する富田早苗さん。これは先月号の「VS.」という雑誌にインタビューが載っていました。現在NBAチームの日本人ダンサーは彼女一人です。二人目は、元TBSアナウンサーの有馬隼人さん。TBSで人気アナウンサーだったにもかかわらず、アリーナフットボールというアメフトを室内コートで行う競技に挑戦している方です。これは「EZ!TV」を見てはじめて知りました。3人目は、ちょっとここではお名前を公表できないのですが、昨年僕がとあることをきっかけに知り合いになった某女性シンガーさん。テクノミュージックを専門にする彼女は、テクノの本場ドイツへ渡ることになりました。でもそれがすごくて、滞在先はもちろん、住むとこすら決まってないらしい。そしてテクノの勉強もどこでできるかわからないらしく、レコード会社などを飛び込みするって言っていました。「まさに電波少年の華原朋美やん(笑)」って突っ込んでおきました。

 お三方ともに共通するのは、「自分の道を切り開いていらっしゃる方々」です。富田さんに関しては、すでにご自身の道を切り開き、現在3年連続してNBAのダンサー契約を結んでいる。後のお二方はこれから自分の目指すべき道を今、開こうとしています。そして僕が一番感銘を受けた点は、それぞれの目標像がある中で、そこに至る道がまったく保障されていないこと。そしてそこに果敢に挑戦し、道なき道を歩んでいくという点です。
 僕は本当に幸運にも、今プロサッカーの世界に足を踏み入れています。でもこのままここに存在していられることは不可能に近い。また最近僕は、ここにいることが目的になってはいけないなあと感じています。あくまで僕の目標は、良いパーソナリティを持った良いコーチになること、そして良い選手を育てることであるから。そこに近づくためにはどうしたらよいか・・・。プロ選手としての経歴のない僕がこの世界で生き延び、自身の目標に近づくためには、何か自分流の道を切り開かなきゃならないのではないかと思うのです。ドイツに行き、自分の道への期待が膨らむどころか不安が広がってしまったことの要因は、この「道を切り開けるのかどうか」に不安を感じたからなのではないかと分析しています。
皆さんは「自分の道」ってありますか?それに対してどのようなアプローチを考えていますか?

 さて、ドイツ滞在記はどこへやら・・・(苦笑)。でもボルシア・メンヘングラッドバッハの施設は最高でしたよ!!1年前に造られたのできれいやし、下部組織からクラブ事務局まですべてのものがスタジアムに隣接しているんです。その分、TOPチームへの期待は大きいらしい・・・。なんと僕がお会いした監督とピムさんは退任してしまいました、成績が悪くて。厳しい世界ですよね。

それでは長々と失礼しました。次回はドイツ滞在記・写真展ってな感じでアップしようかな・・・。
[PR]
by ynikki | 2005-05-07 14:17