excitemusic

横谷コーチからカレッジ生への魂のメッセージ
by ynikki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
Footballの美味しいレシピ!ここにあります!!
the-first-touch

スポーツビジネスとスポーツマネジメントの第一歩を踏み出す学生へ!
アドバンスカレッジ2005

我が大学時代の愛すべきトレーナーのブログ。アツイ男がここにも1人。
v-trainer
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


演じることの難しさ!?

みなさん、こんにちは。今日は丹波までサッカー教室に行ってきました。約200人の子どもたちが集まってくれて、しかも天気は晴れ。さらには芝生のすばらしいピッチの上ということでとても楽しく教室が進行しました。まあ驚いたのが、その司会進行を勤めてくれた和田りつ子アナウンサーが夜の「どうする京都21~サンガをいかすまちづくりとは?~」でも司会を務めていたことでしょうか?(笑)思わず突っ込みましたよ、「さっきまで一緒に仕事してたやん!」てね。でもさすがプロフェッショナル。疲れも見せずきっちり仕事こなしてましたね。ちなみに、番組の内容云々は、ちょっと僕にはよくわからないので割愛させていただきます・・・。

さて、先日のブログで「指導者として演じることが必要」というお話をしました。今日はそのことについて、僕の感じるところを書かせていただきます。

いきなりですが、僕は「バランス」という言葉が好きです。

バランス【balance】 : つりあい。均衡。また、調和。

いつだったかゴルフの大会で優勝した男子プロゴルファーのインタビューを見て「バランス」の大切さを感じたことがありました。その人はインタビューにおいて終始無愛想で、「俺はすごいんだ」といった偉そうな感じ。なんだこの人?という印象を受けたと同時に、個人競技であるゴルフの競技特性からか、そういった自分の中での気持ちの持ち方や振る舞いなど、ゴルファーとして強気な姿勢を見せなきゃならんのかな、なんて思いました。
でも一方で、そんな言動ってインタビューのときまで必要なのかなって思ったんです。理想的なのは場に応じた立ち居振る舞いが出来るかどうかなのではないか?

要は「バランス」じゃないかなって思うんです。日ごろ僕なんかも「謙虚」でありたいと思っているのですが、しかしいざ指導現場に出たり、カレッジで大事な局面などでは自分に自信を持たせ、強気であるような振る舞いが必要になると感じています。

なんだかまとまらない感じですが、僕が言いたいことは伝わったでしょうか?演じるといってもそれが日常になってしまわないこと、決して自分の気持ちや弱みを隠すために行う行動ではないということに注意しなければならないと僕は考えています。

まあ日常は自然体が一番なのかな・・・。職業柄、多少なりとも演じることが必要になるということをサンガに来てから学びましたが、得てして不自然になりがちな僕ですので、自然体を心がけたいなあというのも今の正直な気持ちです。どうしても自分をさらけ出すのが恥ずかしいと言うか、周囲の人たちが自分のことをどう思うか気になってしまいますので・・・。

何事もバランスは大事な要素となるはず。でも難しい・・・。いかがでしょうか、みなさん?
[PR]
by ynikki | 2005-06-26 22:58
<< 演じること~バランス~休日とは... CS講義6.23 >>